日本将棋連盟モバイル

ブログをいまの形式で再開した理由の一つに、表題のいわゆる「モバイル中継」の、紹介・宣伝をしたいということがありました。
いまはおそらく棋士も大半が観ていると思われるこのアプリ、自分は立ち上げからずっと関わってきて、担当理事も務めさせてもらったので、人一倍思い入れは強いと思います。
いまは直接関わる立場でないぶん、より声を大にして言いやすくなりました。
手前味噌ではなく本当に素晴らしいサービスなので、このブログの読者はもとより、将棋ファンの方ならぜひ観ていただきたいです。
会員数がいまの10倍ぐらいになってほしいですね。

右側の「固定ページ」というところの一番下に、「棋譜中継を見るには」というコーナー(という表現で良いのかどうか?)があります。
たいした説明は書いてなくて申し訳ないのですが、青くなっているリンク先をクリックして進んでもらえば、たぶんそれほど難しくなく、入会できると思います。

またすでに会員の方には、ちょうど4月1日にアプリもリニューアル(という表現で良いのかどうか?)したようなので、アップデートが必要です。
自分はAndroidユーザーなので、「google playストア」に行って、「将棋連盟」で検索したらこんな感じになりました。

一番上は将棋連盟HPのアプリです。
ちょっと他のラインナップに比べて画像に疑問を感じるので(笑)いずれはかっこよく変えてもらいたいですね。
対局結果とかをチェックするのに便利だと思います。
ウォーズや24は、自分の場合は指すときはタブレットなので、スマホには入れていません。
一番下の「i羽生将棋」は、覚えて間もない方が将棋の基本的な指し方を覚えていけるようなアプリになっています。

で、モバイル中継のアプリをクリックすると、こんな感じになって、


更新ボタンを押すとアップデート完了です。

この土日は、もちろん電王戦が大きな注目を集めたと思いますが、リコー杯のアマチュア予選もあったので昨日、棋譜をチェックしてみました。
中でも山田ー山田戦は、動きの多い面白い将棋でした。
また昨日はAbemaTVをご覧になった方も多いと思いますが、この対局もモバイル中継でチェックすることができます。

こんな感じで観れます。
(※実際の画面は機種や、スマホorタブレット、あと設定によっても多少異なると思います)

3大攻め将棋、なるほど。

いま、僕はモバイル中継を観ない日は、たぶん自分の対局の日以外にはないはずです。
一棋士にできることとして、プロの対局と、中継の面白さをこれからも日々伝えていけたらと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です