熱局プレイバック

本日対局につき、予約投稿です。
良いタイミングなので、ちょうど今日あたり発売の将棋世界での恒例企画、自分の投票を書いておきます。
以前書いたように、熱戦がとても多く、どれにするか悩みました。
結果がどうなったのか、興味津々です。

 

【1位】叡王戦準決勝 羽生ー佐藤天戦
ニコ生で観戦したが、あんなに残念そうな羽生さんはあまり記憶になく、印象に残った。
結果として、AIと名人の対戦が実現して、羽生さんとの対戦は実現しなかった。その意味で棋史に残るべき舞台と結果だったと言える。
将棋の内容も長手数のせめぎあいでとても見ごたえがあった。

【2位】NHK杯準決勝 佐藤康ー佐藤天戦
3手目の角頭歩突きに始まり、意表の着手が多い大熱戦だった。観ていたファンを大興奮させたと思う。
勝ち切った佐藤九段もすごいし、敗れた佐藤名人の、手段を尽くした粘りも本当にすごかった。
それにしても、佐藤会長が準決勝で佐藤名人を破り、さらに決勝でも佐藤六段を破って優勝とは、あまりにできすぎた偶然。

【3位】順位戦B1 糸谷ー久保戦
糸谷玉のたぐいまれな生命力が、今期も多くの熱戦を生み出してくれた。
早い段階で戦いが始まりながら、終局時には見違えるような玉形になっているのは彼らしい。
王座戦の準決勝・挑決と迷ったが、埋もれさせるにはもったいない大熱戦として、3位にこの1局を推す。

 

皆さんの感想は、いかがでしょうか?
他の棋士とも、比べてみてください。

2017年度に入ってからも、すでに棋聖戦本戦などで、多くの大熱戦が展開されています。
引き続きどうぞ、将棋観戦をお楽しみください。

今日・明日は名人戦第3局。
今日の中継はそのほかに、王位リーグと、竜王戦6組準決勝では藤井四段が登場です。

それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です