無料中継

先日、ちょうど旅行中のことだったのですが、LPSA10周年パーティーが開催されたとのこと。
あれから10年かと思うと、時の流れの速さにびっくりしてしまいます。
LPSAに関する過去のいろいろなことに関しては、なかなか感情をうまく言葉にできないのですが、十数人の所属女流棋士たちには、それぞれの役割を頑張って将棋界を盛り上げていただきたいと願っています。

佐藤会長をはじめ、棋士も多く出席されたそうで、これはごく普通のことでもあり、しばらく前なら考えられないことでもあり。
いまの状態になるのに、時間がかかりましたし、今後どうなるかも、分かりません。
多少、昨日のことにも関連しますが、大きな出来事のあとには、どうしても時間が必要になることもあります。
不断の努力を、続けることが大切と思いました。

さて今日は、竜王戦6組決勝。
大きな一番とは言え、普通ならここまでの扱いになることはないこの一局に、連盟としてもかなりの特別シフトを敷いたみたいです。
【無料】将棋連盟ライブ中継で、5月25日(木)竜王戦6組ランキング戦決勝・近藤誠五段-藤井聡四段戦を無料中継!

日本将棋連盟モバイルでの特別無料中継に加えて、ニコ生・アベマ・将棋プレミアムと映像メディアによる中継そろい踏み。
そして読売新聞社での解説会。

ちょっと見たことがない状況ですが、むしろ、注目の一番であればこういうことが当たり前にならなくては。とも思います。
将棋もパブリックビューイングが日常になるぐらいでなくては。
それと、当日のスポーツニュース等で、野球やサッカーのように将棋の結果が報じられるようでなくては。
どちらも前々からアイデアや夢としてはある話で、最近ちょっとそんな未来に近づいている感じもします。

そして、藤井四段以外にも、スターはたくさんいるので、多くの個性ある棋士たちに、もっと注目が集まるようになってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です