出演情報等

藤井四段の新記録がかかっているということで、最近テレビ番組へのお声がけをいただくようになりました。
可能な限りはお引き受けして、しっかり務めたいと思います。

今日は「ワイド!スクランブル」(テレ朝)の、2部のほうに、12時50分頃から。
そのあと夕方、4時頃から「シブ5時」(NHK)に。
それぞれ生出演の予定です。
良かったら、ご覧ください。
(※報道番組なので、急なニュースが入ったら変更になる場合もあります。どうか何事もありませんように。)

今日はいよいよ28連勝の大記録に並ぶかという一番です。
澤田六段は弟弟子に当たるので、彼のこともいろいろと話すつもりです。
藤井四段に注目が集まるのは当然として、他の棋士のことも、きちんとした形で取り上げてもらえるように、知ってもらえるようにと思っています。

自分以外にも何人かの棋士が、各局で出演していると思われます。
たとえば今夜のNHK、クローズアップ現代は兄弟子の山崎八段が出るようですね。
彼はもちろん澤田六段にとっても兄弟子に当たると同時に、藤井四段の奨励会時代の幹事でもあるのでまさに適任です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

また昨日の対局をもって、加藤九段が引退ということになりました。
63年の現役生活は前人未踏、空前絶後の大記録です。
本当に、長い間お疲れ様でした。

最後の対局が矢倉になったことも、良かったと思いました。
高野四段は、いい将棋を指して、いい経験を積みましたね。おめでとう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今月は将棋界にとって、いままでにないような、報道のピークということになるのでしょう。
もっとも、野球や相撲など、他のメジャーなスポーツに比べたら、これでもまだまだかもしれません。
今後は、こうしたブームを持続的に作り出していくための努力が、将棋連盟にとって大切でしょうね。

最近は棋士がよくテレビに出ているので、僕もときどき観るのですが、局や番組によって、取り上げ方はかなり違うものだなあということを実感しています。
そんな中で、自分としてはやはりまずはプロ棋士であるということを意識して、専門家として話をするということ。
プロでなければできない、あるいはプロだからこそ、というコメントを心がけること。
加えて、一般の視聴者の目線で分かりやすく話すということ。
こうした基本を意識して、これからも務めたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です