女流王位戦ほか

昨日の最終局は熱戦の末、里見女流王位の勝ち。
フルセットでの防衛には、王者の底力を見た思いです。
室谷さん、伊藤さんとあと一歩まで追い詰めながら届かない。
タイトルを取るというのは大変なことなのだあと改めて思わされるシリーズでした。

それにしても、伊藤女流二段の将棋は見ていて個性的で面白いです。
中盤で▲5六金と腰掛けた手、タイトルの懸かる一番でこの手を指したことは、称賛に値するでしょう。
捲土重来を期待します。

 

昨日はけっこう長い時間をかけて、大記録に関する報道を追いかけていました。
各界の、本当にさまざまな方々からコメントが寄せられていることが、印象に残りました。
藤井四段という将棋界のスターのために、報道陣の方々が一人でも多くのコメントを取ろうとして下さったのだと思います。
将棋界にとっては本当にありがたいことと思いました。

個人的には、いろいろある中で岩崎恭子さんからのエールが特に印象的でした。
金メダルを獲得したときが同じ14歳だったそうで、僕も当時テレビで観たような記憶があります。
カメラに囲まれる経験というのは、世の中のほとんどの人は経験しないことなので、藤井四段にはこういう先輩の声を大事にして(将棋界で言えば羽生先生とか)、もちろん周囲もサポートしてあげてほしいですね。

安倍総理は「日本人に夢や希望を与えてくれる」と語ったそうです。
将棋界も、そういうスケールでこれから社会と向き合っていくべきなんです。
この1週間ぐらい、わりと平和で、国際的なこととかでそこまで大きなニュースがなかったのも、良かったですね。
将棋という盤上の戦いは、盤上のみの戦いとして世界平和に寄与すべきだし、世界が平和であればこその明るいニュースですので。

 

昨日の夕方、連盟HPに観戦記情報が出ていました。ぜひご覧ください。
以前からこうした情報発信があればいいなと思っていました。

今日の中継は叡王戦と、ヤマダ杯。
カロリーナも登場します。

1件のコメント

  1.  先日お話をお伺いする機会のあったとある棋士の方が、女流の対局料が安いので将棋で食べていけるくらいまで何とかしたいとおっしゃっていました。

     当然額や年収などは存じませんので、女流の華やかな取り上げ方の裏で大変なんだなぁ、と思いました。

     対局料がいくらが適切なのかは分かりませんが、野球や競馬でもファン投票による出場者限定戦があります。8人で優勝賞金300万、対局料50万くらいだと750万ですか。クラウドファウンディングで、リターンはシークレット直筆扇子が1万くらい?(女流棋士全員なら結構な数になるような)、あるいは前夜祭出場権や男性棋士の応援もあれば、どうでしょう。
     競馬の有馬記念のように女流の総決算みたいなふうにすればスポンサーもついてくれるような・・。

     ・・素人の妄想で恐縮ですが、電王戦で将棋人気が高まったように、何か1つ、がつんとやってそこから女流将棋の振興の発射台になればいいなぁ、と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です