中飛車

今日から竜王戦第3局、舞台は前橋。
今回の対局場は、たぶん初めてのはず。
公募に名乗りを上げて下さったのでしょうね。ありがたいことです。

対局開始から1時間、戦型は羽生棋聖の先手中飛車に進んでいます。
これには多くの人が意表を突かれたみたいですね。
七番勝負全体から見ても、効果的な戦型選択になりそうな予感もあります。
(番勝負を戦ったことはないので、あくまでハタから見ての感想ですが。)

自分も最近振り飛車を多く指しているので、この大舞台で観られるのはとりわけ楽しみです。
角換わりに相掛かりに雁木、ばかりではやはり飽きてしまいますので。

対する居飛車側は、どうやら一直線穴熊濃厚でしょうか。
そういえば渡辺竜王は、流行の角道を開けない急戦は、あまり好まれてない印象があります。
あの作戦はあまりアマチュア向きではないと自分は思っているので、タイトル戦でこういうオーソドックスな、参考にしやすいであろう将棋になって、なんだか嬉しいですね。

 

というわけで、今後の進行を興味深く見守っています。

この連休はプライベートで予定があるのと、なぜかいまPCの調子が悪いので、短いですが今日はこのあたりで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です