昨夜はやけに鮮明な夢を見ました。
僕にとってはかなり珍しいことです。

ある先輩棋士に詰将棋を出題されて、夢の中の自分はそれを解いていました。
よりによって、なぜかタイトル戦の前夜祭会場での出来事でした。

それを夢の中のことだと自覚しているもう一人の自分は、実はその詰将棋を知っていました。
それは最近解いた詰将棋サロンの問題で、つまり手数はさほど長くないのですが一手、盲点になる手があったことを覚えていたのです。
ところがその一手がどうしても思い出せません。
苦労して解いたはずなのに、明らかに同じところでつまづいています。
人間の頭は不思議です。

やがてもう一人の自分が、夢から覚めてちゃんと解こうと思い立ちました。
ところがその瞬間、今度はどんな問題だったのか、どうしても思い出せなくなってしまいました。
さっきまであんなに鮮明だったのに、きれいさっぱり忘れてしまっています。

そこで目が覚めました。

将棋の夢を見ることはごくたまにありますが、こういうパターンは初めてです。
結局どんな詰将棋だったんだろう・・・?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お知らせ2点。

「棋聖戦」ヒューリック株式会社の特別協賛が決定
本戦進行中のこの時期に棋戦名が変わるというのは斬新ですが、ありがたいことです。

今期から竜王戦にも協賛社がついています。
この流れも将棋界への注目のおかげでしょう。

ヒューリック社は佐藤康光現会長が棋士会長の時代から、棋士会にご支援いただいていたと記憶しています。
この1年ほど、外から見ている感じではとにかく会長の獅子奮迅ぶりが目立ちます。

いっぽうでトップが動くだけでなく持ち場ごとにそれぞれの役割を果たされることで、チームとしてのパフォーマンスもさらに上がるのではないかと思います。
特に渉外の分野はいまおそらく、将棋界史上最大級のチャンスを迎えていると思うので、類を見ないぐらいの成果を期待したいところです。

恒例の一門祝賀会、今年は5月4日に決まりました。
森師匠のブログに案内が出ています。
主役の棋士だけが連名でお土産の扇子を作るのが恒例なのですが、今年は6人なのでうまく収まるのかな?と余計なことを心配しています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

部屋の目の前の桜は早くも散り始め、緑色が見えるようになってきました。
今年はただでさえ早い上に、この桜は周りと比べても早いほうのようで名残惜しい、でもそういうものですよね。

今日は奥さんが平日休みを取ったので、都心を散歩しに出かけてきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です