名人戦、順位戦

大きな地震から二晩が過ぎ、ニュースで見る感じでは徐々に復旧してきているようですね。
日本のインフラの強さには驚くばかりですし、過去の大震災の教訓が活かされているのは良かったと思います。

天災を前にすると日々の平穏な暮らしがあることに対する感謝の念をひときわ強くします。
余震はここまで警鐘されていたほどではないようですが、今日は大雨の予報などもあり、引き続きお気をつけください。
東京も今日は朝から雨ですね。

名人戦は昨日・今日で第6局、舞台は天童。
羽生竜王の2手目△6二銀は七冠直前の頃を思い出します。
あの頃はいわば「実験」の色が濃かったと思いますが今回に関してはここ一番に有力と判断しての採用でしょう。

封じ手の局面は一歩得の先手を持ちたい声が多そうですが、自分の感覚では後手を持っても十分やれるように思います。
そう思えること自体、現代将棋の価値観の変容、過去の価値観との訣別を感じますし、自分自身もそういう現代ならではの感覚に、だいぶ目が慣れてきたのかなと思います。
もっとも、自分で指してみないことには分からないし、すこし指しても本当のところはなかなか分からないんですけどね。

昨日のC1順位戦は、東京所属棋士同士のカードに関しては予定通り行われていたので、夜はずっと名人戦棋譜速報で観戦していました。
長期戦・大熱戦が多く、確実に秒読みに入っている、23時半の時点でも過半数の対局が残っていたのには驚きました。
自分も頑張ろう、とそれだけを強く思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です