続・王位戦など

王位戦第1局は期待通りの熱戦になりました。
結果としては1日目からリードを守って菅井王位の快勝、ということになると思いますが、見ごたえある内容で次からも楽しみです。
61手目の▲5六飛が菅井王位らしい、気がつきにくい名手でした。振り飛車党はああいう細かい動きがうまいです。

対して△5五歩と打つ変化が感想戦コメントに記載されていますが(自分もそう指すと思っていた)、こちらを選ぶと数手後に▲1二香!という攻めが出てくるのですね。
これはめったにお目にかかれない筋なので実戦で見てみたかった。

深浦ー羽生戦での▲9二銀!を連想しました。
あれも王位戦七番勝負での出来事でした。
ちょうど10年前のことのようで、中継サイトには棋譜がなかったですが主催紙・西日本新聞社のリンクがありました。

この後は美濃囲いが健在、駒の損得なくさばけている、9九の香車が急所に移動している、おまけに残り時間も大差、と居飛車側を持って形勢判断してしまうと心が折れそうになる情勢と思いましたが図の△5一歩は感動的な粘りの一着。

冷静に見るとまだまだ大変な局面で、実戦もここから長く戦いが続きました。
長く大変な七番勝負を予感させる第1局でした。

 

この数日は全国的に記録的な大雨とのこと。
東京も降っていますがたいしたことはなく、ニュースを見て驚いています。
特に大阪は地震があったばかりなので心配です。どうか、お気をつけください。
大きな被害が出ませんように。

それと文科省・医大の事件はびっくりしました。
たかだか大学に入るぐらいで、よもやそこまでして・・という感じがしますけど。
世の中いろいろなことがあるものです。

 

昨日は王座戦の準決勝がありましたが、今日ももう一つの山が行われる予定なので、合わせてまた明日に。

最後にお知らせをひとつ。


7並びの遊び心、こういうのはちょっと珍しいような。

価格は7777円なんでしょうか。それとも77777円かな。
実際はたぶんその間のどこかでしょうね。お楽しみに。

2件のコメント

  1.  しかし、さすがに直筆扇子で7万超となると一般の方には手が出ないのでは?
     
     約30万の掛け軸もすぐに売れたようで、お金を持っている方は多いのだなぁ、と。

     収入増だ、というのなら仕方ないですが、公益法人であるのなら、2,3万くらいで抽選とか、市民が手が届くような方法はないのですかね・・と思いました。

     新将棋会館建設のため、というのであれば全棋士に協力を仰いで様々な特典をつけた寄付やクラウドファウンディングで足りない分の資金を補強するというのが好手だと思いますが。
     将棋連盟のサイトでB/S見てみましたが、会館維持引き当てが6.5億あるので、これがおそらく原始となるでしょうから、特典付き寄付(例えば寄付者の銘板等)とクラウドファウンディングで十分に思えます。

     直筆扇子など直筆もののインフレは悪手だと思います。

    1. なるほど、本当に7並びだったのですね。それはびっくり。
      たしかに全部売り切れてましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です