NHK杯、出張御礼など

先週金曜日は竜王戦本戦・A級順位戦と東西で大きな対局がありましたが、いずれも比較的早い終局でした。
最近大熱戦が多いですが、時にはこういう日もありますね。

昨日はNHK杯の藤井ー今泉戦が注目でした。放映観られなくて残念。
最年長四段の奮闘は世間に大きな勇気を与えたようで、報道でも大きく取り上げられていました。
将棋ファンのみならず一般社会に大きな感動を呼ぶ棋士というのは、やっぱりすごいなと思います。

若い頃にとてもお世話になった今泉さんの活躍は、自分にとっても感慨深いものがあります。
瀬川さんの「泣き虫しょったんの奇跡」映画化も大きな話題となっていますし、次は「介護士からプロ棋士へ」の番でしょうか?

いつか公式戦で対戦して恩返し(?)の機会があればいいなと思っています。

 

今回の秋田出張は「第35回東北将棋大会並びに第13回大仙市民将棋大会」の審判長でした。
計算すると僕が生まれた直後から始まった大会と、棋士になれた直後から始まった大会ということで、ちょっとしたご縁も感じます。

大盛況で、会場を見たところ大会参加者は100名ほど。
人口10万人に満たない街で、毎年これだけの数の人々が集まる大会が開かれている(しかも東北には各地域にそういう大会がたくさんある)というのはすごいことで、運営の方々や、市の関係者の長年のご尽力に感謝を申し上げます。

帰り際、会場の裏手にこんな石碑を発見。全国的にもかなり珍しいのではないでしょうか。

花火で有名な大曲は、駅前にも大きな花火が飾ってあって、夜は駅舎がライトアップされるようです。
予備知識があったわけではなく、たまたま散歩したら発見できたので幸運でした。

花火柄のネクタイを買って、観光案内で見つけたパンフレットを持って新幹線に乗りました。
次はここに行こうと思います。

今回も多くの方々にお世話になりました。
本当にどうもありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です