負け

昨日は大変まずい内容の将棋を指してしまいました。
どうも気合が乗っているつもりのときに、序盤から失敗を重ねてあっという間に負けてしまうことが多くていけません。

そういえば八代六段にはつい先日もそんな負け方でした。大いに反省です。
あと、最近あまり自分の対局をブログに載せてないですね。
反省が足りないということだと思います。それもまた反省です。

叡王戦はまったく良いところのないままに六段戦を卒業(?)することになりました。
来年こそは良い将棋をお見せできるようにしたいものです。
昇段してから内容の悪い将棋が続いてしまいましたが、別に浮かれているとかではないと思うので、気を取り直してまた次頑張ります。

昨日は対局の多い一日で、全部でなんと28局!行われていたようです。
東京の将棋会館が、通常だと14局がMAXのはずなので、ちょっとびっくり。
これは叡王戦など1日に複数局が消化される対局が多かったためですが、NHK予選を除けばおそらく記録的な数字でしょう。
モバイル中継対象局だけでも8局。
夏はすっかり、対局が多い季節になりました。

僕は早々に連盟を出たあと帰宅中は叡王戦、夜は順位戦など、いつものように観戦三昧。
本当は自分が指していたかったんですがね。熱戦、好カードが多く面白い一日ではありました。

日付戻って一昨日のA級順位戦、羽生ー深浦戦はすごかった。
休憩が短くなったこともあって、日付が変わる将棋は以前より減る傾向にあるはずですが、この将棋は0時を回っても形勢がよくわからない状況が続いて、リアルタイムで観戦していた方はかなりドキドキされたのではないかと。
(自分もそうでした)
形勢が揺れつつも大きくは動かない、ミスはあるけど崩れない、というのがトップ棋士の強さであり、大熱戦になる条件なのだと思います。
最後はあれが詰むのかという驚きと、こんなにぴったり詰むのかという驚きと。いやはや。

今日もA級順位戦があるのですね。
3日連続はやや珍しいでしょうか。

僕はお昼から福島に出かけます。
その話はまた明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です