負け

昨日の対局は、相手の初手▲7八飛に、居飛穴で対抗。
序盤はすこし工夫したつもりですがイマイチだったか。
結果としてはうまくさばかれて完敗でした。

それほど大きな悪手はなかったと思うので、後手番の難しさが出てしまった気がします。
弟弟子との初手合で楽しみな一戦だっただけに、終盤の競り合いにならなかったことは残念です。

今期は持ち時間の長い将棋はまずまずの内容が続いていると思うのですが、持ち時間の短い将棋ではこれで3棋戦連続の1回戦負けで、課題が残りました。
気を取り直して、また次頑張ります。

王座戦第1局は期待に違わぬ大熱戦でした。
大きなものが懸かっていることを強く印象づける素晴らしい終盤戦だったと思います。
中村王座が追い上げているように見えて、斎藤七段がギリギリ残しているのかな、というのが見ているときの印象でした。
感想戦コメントを読んだ限りでは、見立ては大きくはずれていなかったようで、ちょっと自信になりました。

それと昨日の台風には驚きました。
信じられないような映像をたくさん観ました。
言葉もありませんが、お見舞い申し上げます。

2件のコメント

  1. 王座戦はタイトル戦らしい面白い将棋でした。
    ただ、王座戦以外のタイトル戦は平日昼間に決着がつくことが多く、一般の会社員では見れません。開始時間を遅らせて夜9時とか10時に終局するようにできないものでしょうかといつも思います。
    折角の将棋ブームで生中継も増えているのに、もったいない気がしてなりません。

    1. 昼間・・は少ないと思いますが持ち時間の関係で2日制8時間の竜王戦・王位戦・王将戦や1日制4時間の棋王戦・棋聖戦は7時頃の終局が多いです。
      もっとも大熱戦になると夕食なしで8時ぐらいになることはあります。そこから感想戦等々を考えるとけっこう関係者は大変かもしれません。
      なお棋王戦は以前から、他でも最近は休日開催が増えている印象はあります。
      2日制9時間の名人戦と、新棋戦の叡王戦は夜の終局になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です