7/18 宮本五段戦

延期になった順位戦の1回戦です。
結果的に、七段昇段の一番にもなりました。
いろいろと忘れられない一日になったことは、対局翌日に書いた通りです。
勝ち 忘れ得ぬ一日

この将棋はプロ的には中盤がすべてで、途中からは差がついてしまったのですがそのせいもあって以降はこちらに気持ちの良い手が続きました。
(棋譜は名人戦棋譜速報でご覧いただけます)

駒の損得のほぼない互角のさばき合いで、手番はこちら、他に代償も見当たらないのですでに勝勢に近い局面。
ここで▲5七角が厳しい一手で、飛車を横に逃げると3二の銀が取れます。
しかしタテに逃げるのも▲3九香が継続手、ここで歩切れが痛い。
一歩持たれていると、まだ難しいところはありそうですが。

▲5七角以下△3三飛成▲3九香△3四銀▲3七桂(これも味良し)△1八馬と進んで次の図。

△1八馬は▲4五桂の防ぎ。
ここで▲6五歩が決め手で、まだ夕方でしたがさすがに勝ちを意識しました。
この数手はおそらくプロなら誰もが同じところに手が行くという類の手だと思うので、そこを間違いなく指せたのは良かったです。
誰でも指せる当たり前の手を、しっかり指して勝ち切ることが将棋では一番大事です。

これ以上ない内容で連勝スタートとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です