会報とか

日本シリーズ、昨日はカープ快勝で良い滑り出し。
あと3つ、頑張ってほしいです。

先日のバックギャモン王位戦のこと、JBL(JAPAN Backgammon League=日本バックギャモン協会)に優勝記を寄稿しました。
月に一度、会員向けに会報(将棋でいう支部会報のようなもの)がpdfで届くんですがそこに掲載される予定です。

例年大会が開かれる10月が会員更新月なのですが大会会場が変わったせいか?更新していない人がけっこういるという情報を見かけたので、宣伝の意味も兼ねて記しておきます。
上記、新規会員の方ももちろん読むことができますので興味のある方はお申込みください。

 

関連して(?)詰パラの話なんですが短大・大学・大学院の3校で半期賞を獲得した方がいて、びっくりしました。
これって前例あるんですかね。とんでもない偉業に思えますが。

最近パラパラと(詰パラだけに)めくっていると棋士の力作がやけに多くて、なるべく解きたいのですがちょっと手が出ない配置のもあるのでシビれます。
できればもうすこし易しいものを・・・

あとたしか昨年、東大将棋部の部誌「銀杏の駒音」で知ったんですが某有名作家が実は部員らしいというのにびっくり。
で、部内のフェアリー将棋が詰将棋になって今月の詰パラに登場。
(根津詰将棋=p35)

5手詰なので頑張って解きましたけど、よくこんなの考えるもんですね。
詰将棋作家の頭は本当に不思議です。将棋指しから見ても。

ということで今日は少々(?)マニア向けの話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です