棋王戦第4局、来場御礼

一昨日の棋王戦は、素晴らしい大熱戦でした。
結果としては渡辺棋王が勝ち、防衛。

渡辺さんは宇都宮での対局は相性が良いようで、常に秒読みの熱戦になった末に競り勝っている印象があります。
佐藤現名人の挑戦を退けるなど、決着局になった将棋もいくつか思い出されます。

今回の将棋は、角換わり腰掛け銀の新型・非同型から、先手が玉側の桂をぶつける出だしでした。
変わった工夫だなと感じますが、これはこれで有力なのが現代将棋です。
ずっと難しくも先手がリード、という展開が続いた一局だったと思います。
最後も見事な即詰みでした。

将棋まつりのほうも、いつも通り盛況だったようですね。
ご来場の皆様には、どうもありがとうございました。

将棋ファン熱戦見守る 栃木県内外から1千人来場 宇都宮で棋王戦(下野新聞)
栃木)将棋まつり、ファンでにぎわう 宇都宮(朝日新聞)

今年は出番はなかったので、基本的には控室で検討していましたが何度か解説会場にも顔を出したので、スタッフの人たちや、常連の方々とはある程度、お話することができました。
そうでなかった方には、またの機会にお目にかかれればと思います。

とちぎ将棋まつり・棋王戦宇都宮対局に関しても、来年以降も盛大に開催が続くことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です