女流棋戦3つ

一昨日の女流王位戦第4局は、里見さんが勝って復位。
将棋の内容がすこし一方的な感じで、ここまでの3局がどれも熱戦だっただけに、渡部さんとしては悔いの残る将棋になってしまったように見えました。
一昨年タイトルを獲られたのと同じ場所でのリベンジ、また、クイーン称号獲得などが報じられていました。相変わらず、強いですね。

王位と女流王位の記念対局もモチベーションになっている、というコメントも印象に残りました。
全冠制覇なるかどうか、という状態がもうしばらく続くのかもしれません。

あと昨日のブログに清麗戦の「本戦が始まります」と書いたのですが実際は今期の本戦はベスト4の2局だけ、勝ったほう同士で五番勝負なので実質的には挑決に近かったのですね。
これは1年半ほど前の叡王戦準決勝と同じ状況、新規のタイトル戦ならではで昨日書いたときにはウッカリしていました。

新たなタイトル戦の記念すべき第1回ですから、HPでももうすこし盛り上げる方法を考えて良かった気はします。
考えてみると本戦進出を懸けた一番とかも、通常の予選の枠抜けに比べるとかなり大きな一番だったのですね。

今日は土曜日ながら中継がたくさんあるようで、その多くはヤマダ杯の女流戦です。
おそらく明日のパーティーで一同に会するので、それに合わせて一斉に対局を組んでいるということでしょう。
その他に加古川青流戦と、朝日アマ名人戦も中継されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です