東京もついに暑くなってきました。
今年の梅雨は長かったですね。こんなことはいままでなかったのでは。

思えば今年は一度5月頃に夏が来ていました。合計すると結局例年ぐらいの暑さになるんでしょうか。よく分かりませんが。
あまりに太陽の姿を見ないと気分も沈みそうになるので、季節通りの気候になってきたのは良かったです。

来月はいくつか久々に行く予定の場所があって、この夏は例年より騒々しい日が続きそう(by「ミュージック・アワー」)です。
移動がけっこう続くので、体調に気をつけて、あと他の日はなるべく引きこもって勉強と原稿に集中するようにしたいと思っています。

 

昨日の王座戦挑決は意外な大差になり、永瀬叡王が二冠目への挑戦を決めました。
豊島名人がこれほど不出来な将棋を指すのは珍しいことで、人間誰しもこういうことはある、といったところでしょうか。

待ち受ける斎藤王座と永瀬叡王は奨励会入りが平成16年の同期で、特に優秀な世代として知られているところでしたがついにタイトル戦のマッチングが実現しました。
居飛車党で研究熱心なところは共通点でも、棋風や時間の使い方をはじめとした戦い方全般がけっこう真逆なカードだと思うので、見どころの多い番勝負になりそうです。

今日は朝日杯で弟弟子同士の対局があるので注目しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です