イナズマ

昨日の里見さんの寄せは鮮やかでした。
久々に「出雲のイナズマ」という二つ名を思い出しました。
最近は手堅い勝ち方が増えている気がしますが、ああいう終盤力がやはり持ち味なのだと思います。

これで次は久保九段との対戦なのですね。これは予選がフラットな王位戦ならではで、楽しみなカードです。
久保さんが振り飛車を譲って対抗形になるのではないかと予想しています。

里見さんは以前は居飛車も多かったですが最近は振り飛車一本で、これは菅井七段とよく似ている気がします。
お二人は現代振り飛車党のお手本と思うので、アマチュアの方にもぜひ棋譜を並べてほしい棋士です。

 

王位戦第5局は1日目から激しくなりました。
これほど重い封じ手は珍しいと思います。
封じ手は▲6四桂も有力と思いましたが実戦は違いました。
▲2四歩と突き捨てて一晩明かし、△同歩に▲5九金という手順はひとまず重い選択を回避した感もあります。
形勢は難しそうですが、玉が薄い後手側に苦労が多いのは間違いないと思います。

このあとはイナズマのような鮮烈な寄せが出れば豊島王位の勝ち、そうならずに150手を超える長期戦になるようだと木村九段の勝ち、ということになりそうです。

九州で大雨特別警報が発令とのこと。
どうかお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です