10月

早いですね、とか言ってるうちにまた一ヶ月経ちました。
まだ暑いけど暦の上では完全に秋です。
また台風が来るかもしれないとか。気をつけましょう。

やや停滞気味だった執筆活動ですが、ここ数日で遅れを取り戻してようやくゴールが見えてきました。
おそらく12月発売になると思います。よろしくお願いします。

振り返るにはまだ早いですが振り返ってみると、今年は著書を2冊とその他に監修本も出すことができて、その他に趣味でも仕事でもあちこち出かけたりもしているのでそれなりに充実しているかなと思います。
ただ将棋の成績は停滞を通り越して完全に下降気味なので、なんとかしなくてはと思っています。

最近、公式戦でも練習でも、思うような内容の将棋が指せないことがちょっと多くて、これが結果以上にしんどいです。
みんな悩みながらやっているのは間違いないので、自分も悩むのは大変だけれど当然のことで、何もしないで沈んでいくよりは精一杯悩んで何かを変えていこうと思います。

今日は王座戦第3局、戦型は矢倉に進んでいます。
後手急戦の流行形の中ではやや類型の少ない形で、特に斎藤王座はつい直近の対局で先後逆で同じ出だしの将棋を指していただけに、この選択は興味深いところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です