王将リーグほか

昨日の王将リーグ、注目の一戦は藤井七段の完勝。
相変わらずの強い内容でした。特に終盤、良くなってからが本当にソツがなく参考になります。
唯一無敗の羽生九段を破って暫定首位、この星は相当に大きそうです。

タイトル戦初登場がぐっと近づいてきたと言えそうですが残り2戦、どうなるか。気の早い人でなくても、そわそわしてくるところだと思います。
本当はこのメンバーのリーグ戦で五分に戦うだけでも相当にすごいことなんですけどね。

またもう1局の三浦ー糸谷戦は、糸谷君がらしい指し回しで勝ち。
なんであの玉がさばけるのか分かりません。お見事でした。

新人王戦3番勝負は高野四段が勝ってフルセットに。
最終局は振り駒ですが、こうなったらどっちが先手になっても相掛かりで、秒読み勝負になるんでしょうね。

棋王戦では新四段の本田君がベスト4進出。
これだけムラとパンチ力のあるタイプの新人は久々な気がします。
昨日の将棋も、いろいろあった末に最後はすごい逆転勝ちだったように見えました。
あとで感想戦コメントを見てみることにします。

藤井七段の話題に戻って、世間は最年少記録の更新に期待していると思いますが、残るチャンスは彼をもってしてももうそれほど多くありません。
本人が重きを置いていない中で、そうしたチャンスをモノにするかどうか、やはり注目したいですし、伝説の生まれる瞬間を見てみたい気持ちは強いです。

では今日はこのへんで。

2件のコメント

  1. 今回羽生さんにとって、藤井戦前の過密スケジュールも結果に影響しているのではないでしょうか。個人的には藤井ファンなのでこの結果を喜んでいますが,まだまだ羽生さんも踏ん張るかもしれませんん。

    1. その翌日は式典へのご出席でまたニュースになっていましたね。相変わらずのご活躍ぶりで本当にすごいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です