千駄ヶ谷

昨日は久々の研修会指導、後で調べてみると1年ちょっとぶりでした。
初戦はお互い秒読みの競り合いになり、最終盤で詰む詰まないの読みを誤り逆転負け。
最後はちょっと恥ずかしいところを見せてしまったものの、内容的にはかなりの好局だった気がします。研修生は終盤が強い。

以降も押されに押されあわや4連敗、というところでしたが最後の一つ、最後の最後で命拾いしました。たぶん4連敗はしたことがないはずなので、危ないところでした。
普段とは違う真剣勝負で、何だか良い刺激を受けた気がします。
またたまにはこうした機会があればと思います。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

将棋の街・千駄ヶ谷はオリンピック開催が決まって以降、ずっとあちこちで工事が続いている状態ですがようやく完成が近づいてきましたか。
仕事を終えてからあたりを散歩してみたのですが、国立競技場もいよいよ完成間近の様子。
もちろんまだ中には入れないはずですが、なぜか「国立競技場はどこですか?」と近くで道を尋ねられました。人々の関心も高いようです。

千駄ヶ谷駅の改札もようやく新しくなりました。たぶん、もうすぐ新しいホームが完成して稼働するんでしょう。
多少遠くなって微妙な不便を感じていたので、元の位置に戻ってくれて良かったですね。
あとは大山先生の「王将」水飲み場の復活が待ち遠しいところです。
将棋会館の案内掲示とかも一時的に外されていますが、いずれ元に戻ることでしょう。

今日の千駄ヶ谷は新人王戦の決勝局が行われています。この季節は特に大一番が多いですね。
>こうなったらどっちが先手になっても相掛かりで、秒読み勝負になるんでしょうね。
と第2局のときに書いたのですが、見事に外れました。

あと立会人が阿部光瑠君なんですね。若い。
25歳は前例ありそうな気がしますが、平成生まれの立会人はたぶん初めてではないでしょうか。
両対局者と世代が近いので、解説にも注目して観戦したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です