一昨日のこと

順位戦の日、早い時間に負けてしまうことが決定的になった頃に食事注文の手番が来ました。
自分の場合、形勢や状況に関わらず注文だけはすることにしていて、結果的にそのまま食べずに帰ったことはこれまでにも何度かあります。
一昨日は簡単に感想戦をやったらちょうど休憩の時間で、バツは悪いけれど食べて行こうかなと一度は思ったのですが、たまたまレンゲが用意されておらず、さすがにそれを待つ気にはなれないので踵を返すことにしました。

帰宅してパソコンをつけたら不戦局ともう1局以外はすべて熱戦展開中で、それからじっくりと他の将棋を観て、結局全局終了まで見届けてから寝ました。
自分のクラスでじっくり観戦できるということはまずないわけで、もう、こういうことはないようにと誓いました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今期C1は6戦終えて全勝3人、もしこのまま全員が走り抜けた場合は来期からの制度変更を待たずして、3人が昇級するということになります。
そのうちの1人とは対戦が残っているので、なるべくそうはならないようにと思っているところです。
あと前期昇級組が3人とも1敗以内というのは、もちろん当人の実力が一番の理由とは思いますが、今期から抽選方法が変更になった影響もあるかもしれません。
数年経てば現行制度での傾向も新たに見えてくるのではないかと思います。

名人戦棋譜速報で掲示板の最後のページを見ると、上位・下位がそれぞれ5人ずつで、残りの実に26人が星2つ差以内に収まる超ダンゴレース。自分はそのド真ん中。
みんなが必死で戦っている22時台の盤面を自分は自宅で観ていて、さすがに感じるものがありました。
いまの状況を抜け出して少しでも上に行けるよう、後半戦は粘り強く頑張りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です