昨日のC2

生活習慣を見直す、とは言ってみたものの将棋を観ること自体は不変で、昨日もいつものように夕休以降は順位戦観戦。
大技が多く出て、面白い一日だったように思いました。

後手番振り飛車が勝った3局(終局順に神谷ー今泉、福崎ー杉本、佐藤紳ー古森)は、いずれも最終盤にドラマがあったような気がします。
実は3局とも途中観ていて逆の結果を予想していた場面がありました。
昨日は他にもそういう将棋が多く、もちろん中には本当の逆転もあったのだとは思いますがこれは大局観が良くない状態にあると反省。
こういうところからも自分自身の改善につなげていきたいです。

結果的に最後の1局になった佐藤慎ー長沼戦も、一時は後手玉が逃げ切ったかに見えたのですがどうだったか。
最近はこういう玉がよく動く将棋が一般的になってきて、指しこなすのは大変ですが観戦するぶんにはハラハラして面白いです。

今日はA級が1局と、糸谷ー稲葉のライバル対決など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です