昨日の中継

昨日は中継多数。
今年は4日から公式戦が始まっていましたが、そのときはまだ自分自身がお正月気分だったので、いよいよ将棋観戦三昧の日々が戻ってきて、今年も始まったなあという感じがします。

竜王戦1組、久保九段のさばきが芸術的で感動しました。
特に中盤の△1四角はさすがアーティストという名手でした。あの手が見えないと直前の△4五桂~△3三銀という手は見えても指しにくい。
ああいう振り飛車を指せるようになりたいですね。

王位リーグ入りの一番はこれからタイトル戦に臨むトップ棋士2人がそろって敗れました。
佐々木五段は挑決の痛手を感じさせない会心の勝利でお見事。
阿部七段は角換わり将棋で人混みの中をかきわけるように入玉しての勝利でした。

後者の将棋、敵陣一段目に入り込んだ玉が相手玉の詰みに働くことは珍しく、見ごたえのある最終盤でした。どちらかというとああいうのは捕まってしまうパターンのほうが多いものですけどね。
この1年ほどはタイトルが集まる傾向が続きましたが、こういう結果を見ていると、やはり強い棋士が他にもたくさんいるという事実が伝わると思います。

最後に残った1局は森内九段が粘り強さを発揮して逆転勝ち。
森内九段が秒読みの中でピンチをしのぐ場面は記録席から何度も見てきたので、往時を思い出すような気分になりました。澤田君は惜しかった。

今年もこれからたくさんの素晴らしい将棋が中継されることと思います。
自分自身もそういう将棋を一局でも多く観ていただくことが目標です。

今日も竜王戦の1回戦を中心に5局。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です