編入試験とか

昨日の棋士編入試験第3局、既報の通り折田さんが勝って2-1となり、これであと2局のうち1つ勝てばプロ入りという状況に。
将棋の内容としては、序盤から終始折田さんがリードしていると見ていましたが、感想戦のコメント等を見ると難しい勝負だったようです。

山本四段本人もnoteで振り返りを書いています。
折田戦
対局前に続き、印象に残る名文でした。

この先、今回以上に人生を賭けて三間飛車の対策をする人が現れるだろうか?

相手は人生を賭けて来るのだから、こちらも人生を賭けている三間飛車で戦うのが礼儀というものだろう。

棋士も一人ひとり、日々いろいろなものを賭して戦っています。
こうしたことを通じて、それが多くの人に伝われば良いなと思います。

次は棋王戦に挑戦中の本田五段、もしそこで折田さんが負けた場合は最終局は今年度加古川青流戦優勝の池永四段が試験官です。
どちらかに勝つとフリークラス入りとなり、次は順位戦を目指す戦いが始まります。
厳しい道のりですが、それでも道が開かれていることに意義があります。
頑張ってほしいと思います。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今夜は銀河戦の対局が放映されます。Aブロックで三枚堂七段と。
また中継も5局あり、バラエティに富んだラインナップの一日です。

昨日は他にも注目局がありましたが、今日の分と合わせて明日に回すことにして、今日はこのへんで。

1件のコメント

  1. 瀬川六段のツイッターによると、山本四段は先日の順位戦で瀬川六段の反則(二手指し)を止めてくれた、終局後に「こんなことで勝っても仕方がないので」と爽やかな返答が。

    なかなかできることではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です