2週間

東京などに「緊急事態宣言」が発令されて、明日で2週間です。
もし、十分に人の接触が減っていれば、そろそろ効果が数字になって現れてくる頃です。
休業要請等は発令の数日後からだったので、それをふまえると今週後半くらいからかもしれません。

都心の人出はかなり減っているという報道も多く目にしているので、その効果が現れると良いのですが。
自分の体感でも、今月2日や9日に比べて、17日の対局のときは駅や電車内の人が明らかに減っていました。
今後はGWに行楽地に人が殺到したり、それ以降、せっかく始まったリモートワークが元に戻ったりしないでほしい、ということが目下の願いです。

それと、苦境にある飲食店に対して何かできないか、ということを2月後半頃からずっと考えています。
誰もがそれぞれに「何かできないか」ということは、考えている状態だと思いますが、人に会わずにお金を使う、経済を回すということはけっこう難しいです。
が、今後考えていかないといけないことでもあります。

飲食店がコロナに打ち勝つためのすべて
長いですが、気持ちがひしひしと伝わってくる文章でもあったので、シェアします。
いま考えていることについては、また近いうちに改めて。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
モバイル中継、先週後半の熱戦など。

木曜日はマイナビの第2局がありました。
この将棋は結果が出てブログも目を通してから棋譜を見たので、西山さんの快勝だったのかなと思っていた(実際そうだった)のですが、棋譜を見てみると実に際どい終盤戦でした。
玉頭戦を制する振り飛車の極意で、見事な一手勝ち。もちろんどこかで一手でも間違えたら即、転落するというスリリングな内容でした。
やはり華のある将棋です。

同日、竜王戦の阿部光ー青嶋戦は意表の夕休前決着。これは阿部六段の早指しによるもので、時間を使わずとも正確な指し回しが見事でした。
自分も今期同じトーナメントの下のほうでやはり夕休前に負かされたのですが、何か納得させられてしまう内容でした。

棋王戦の中村太ー高野秀戦は最終盤で▲9七香の絶妙手。
この将棋はそこまでもいろいろ見どころはあるんですが、この一手だけでも再度見る価値があると思います。

金曜日も面白い将棋が多数ありました。

今週は月曜日がお休みで、明日からは普段より対局数は少ないですが毎日公式戦の中継が行われるようです。

では今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です