地震

昨夜の地震には驚きましたね。
僕は日ごろ少しの地震で気がつくことはないんですが、さすがに今回は目が覚めました。
連夜の地震ということはこの後も続く可能性もあり、当面は普段以上の備えをしておいたほうが良さそうです。
非常事態宣言下にあって、地震はいま一番心配していることでもあります。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日に続いて、宣言延長の話ですが、これを受けて将棋界でも叡王戦7番勝負の開幕延期が発表されました。
また明日の対局が1局延期になり、今後の対応については8日に発表とのこと。
この件に関して、一部だけ報道が先行しているのが不思議ですが、上記もふまえるとおそらく東西をまたぐカードに関しては引き続き延期になるものと思われます。

個人的な意見としては、東西を分けるにせよまたぐにせよ、対局者の接触人数は変わらない(対戦相手だけ)ので、基本的には同じに扱うべきではないかと思っています。
ただこれはもちろん一棋士がどうこう言えることではないですし、将棋連盟だけの問題でもなく、延期もやむを得ないところでしょう。
現局面は感染者を出さない、増やさないことが最優先で、その上で将棋ファンのためにも何とか公式戦対局だけは継続する―という方針を取っており、そのために連盟も関係者も最善を尽くしていると思うので、本当に感謝しています。

振り返ってみると将棋界では4月上旬の非常事態宣言発令よりだいぶ前の2月下旬以降、さまざまな感染防止策(イベントの延期や縮小等)を取ってきています。
これはもちろん独自に感染リスクを判断した結果だと思いますし、早めに手を打ってきて本当に良かったと思います。
今後も政府や自治体の方針を踏まえることはもちろん必要と思いますが、その上で将棋界としての判断をして、方針を打ち出していってほしいと願っています。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

実戦詰将棋、先ほどすべてコメント欄に解答を入れておきました。
最後のは4枚落ちの実戦そのまま、他のはすべて二枚落ちの実戦の一部だったと思います。

ちなみに、こうした素材から詰将棋を作ることもあります。
詰将棋と実戦の詰みはどちらも大切で、図面や棋譜を見て、頭の中で駒が動くようになれば上達の証です。
ぜひ、ご自身の実戦に役立てていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です