明日対局

朝日杯で阿部光瑠六段と。
アベマスタジオでの対局で、14時開始で1局だけ指すバージョンになりました。
良い将棋を観ていただけるよう、全力を尽くします。

先月は順位戦が抜け番だったこともあり、対局は次週放映のNHK杯本戦のみ。
これがなければ6月に対局がつかない、というたぶん過去に経験のない事態になるところでした。
偶然ながらその次の対局は大阪遠征のため、次回の東京・将棋会館での対局は月末になる見込みです。(棋聖戦)
約2か月間、将棋会館に行かないという状況はもちろんいままでなかったですし、今後もめったにないのではないかと思います。

あと、これで6局続けて後輩との対戦・上座での対局、5局続けて平成生まれとの対戦になります。(次局は先輩との対戦)
調べてないですがおそらくこれも、初めてだと思います。
今後はすこしずつ増えてくるのでしょうね。

将棋界は伝統文化の世界ではありますが、同時に世の中でも有数の、新陳代謝の活発な業界でもあります。
それ自体はもちろん良いことですが、若い人たちに押し流されてしまわぬよう、そして少しでも息長く戦い続け生き続けられるよう、2020年の後半も頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です