ライバル

昨日は糸谷ー稲葉戦が期待に違わぬ大熱戦でした。
このカードはいつも熱戦になります。というのは以前から知っていましたが、これまで16局も指して平均手数が150手を越えているそうで、驚くべきことです。
昨日も161手、これは調べてみると2人の間では第7位のごく平凡な記録でした。ほへー。

そういえばもう10年以上も前、2人の順位戦初対戦を週刊将棋の記事で取り上げたことがあったと思うのですが、その将棋が114手でいまのところ最短記録のようです。
人間関係、ライバル関係が長く続くこの世界にあっても、同い年で、奨励会でもたくさん指して、プロになってからも各棋戦で当たり、トップまでたどりついてなお対戦が続く、という関係はそこまで多いわけではなく、すごいことだと思います。

清麗戦は里見さんの完勝。上田さんは、珍しく不出来な将棋でした。
このところの里見さんは出場棋戦の限られる西山さんを除くと、ライバル不在の状況が続いています。
わりと同じ形で勝てているために、本人がどう感じているかはともかく、全体としてはちょっと停滞する状況になってしまっているように見えます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東京の感染者数の伸びがけっこう深刻な感じになってきました。
重症者が少ないので大丈夫、という説もあるらしく、それは一概に間違いとは言えないと思うのですが、とはいえ罹ればある程度は大変な思いをすることも間違いないので、気をつけるに越したことはありません。


GO TOキャンペーンはけっこうびっくりな悪手に見えますが、どうなんでしょう。
そのお金は医療従事者の方々に回すか、観光業の方々を助けるなら直接給付したほうが良いと思うのですが。(個人の見解です)

明日はNHK杯の放映日です。
来週までは通常通りの放映ですが、それ以降は普段と違う時間帯の放映も多いようで、たぶん日程が詰まった影響なのだと思われます。
録画もうまく活用しつつ、お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です