2/8 佐藤天九段戦

先手番でノーマル三間飛車。
相手の急戦・持久戦両天秤の指し方(最近こういうの多い)に対して神経を使う序盤戦。
そこをまずまずうまく乗り切り、中盤以降はずっと難しいながらも振り飛車ペースで進んでいたようです。
最終盤は勝ちになったような気がしていたのですが、まだゴール目前でもないのにゴールしようと焦って、転倒してしまいました。

3五銀 天来の妙手と 思いきや
錯覚いけない よく見るよろし

3六~4五~5四のルートが、そのときの僕には細いひと筋の光のように見えました。
それは見えてはいけない幻、蜃気楼でした。

そうと分かっていれば、他に指しようはいろいろありました。
とはいえ、それが逆に選択を難しくしていた原因でもあり、どうやっても勝ちだった、とも言い切れないところではあります。

この類の大逆転負けはわりと久々な気がしますが、過去には何度もやらかしているので、若い頃のような驚きもなければ普段の敗戦以上の痛みもなく、良くも悪くもこれが経験というものなのかなと思います。
今期は何度か大きな逆転勝ちもあったので、帳尻があってしまったという面もあるかもしれません。

とはいえ初めてのリーグ戦、期するものはもちろんあったので、開幕戦という舞台でこういう結果になってしまったのは本当に無念です。
せっかく得たチャンスとモチベーションを失わないよう、気を取り直してまた頑張ります。

4件のコメント

  1. いやー、惜しかった。。
    残念ですが、好局でしたね^_^
    次、応援してますよ!!

  2. 片上先生からの明るい話題を待っていますm(__)m

    あ、本が出ますね。振り飛車ですか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です