新棋戦

珍しく夜の更新です。

昨日は記者発表がありました。ファン投票を伴う新たな棋戦が誕生するとのこと。
東西対抗の団体戦とのことで、主催はサントリーです。
新棋戦創設について

このところ日本を代表するような有名企業による新たなスポンサードが続いており、本当にありがたいことです。
長く続けていただくことで、ファンの方々の間で定着していくことを願っています。

個人的には、最近我が家にお菓子が増えました。栄養補助食品も増えました。
ビールはもともと多いですが(笑)これからますます増えるかもしれません?

日を同じくして、第1期女流順位戦は各組のリーグ対局がすべて終了しました。(プレーオフ除く)
もちろん一番の関心は弟子の対局でしたが、最終戦に勝ったことで、D組の5位という結果になったようです。
西山さんとの将棋(モバイル中継局2020/11/27)が惜敗だったことを含めて、3勝4敗は健闘と言えるでしょう。
第1期はこれで終わりではなく、これから各クラス内の順位決定戦へと続きます。
どの将棋も重要であることはもちろんなので、引き続き頑張ってもらいたいです。

各組ざっと結果を見たところ、上位陣はやはり順当に上位で、そこに食い込んでいる人は、やはり最近すこし目立っているなというメンバーに見えます。
ヤフーニュースのこの記事に詳しく書いてありましたが、おおむね同感でした。

中位層が厚くて、いま特に競争が激しいところでしょうか。
全クラス通じて見ると、4勝3敗の中の下位はクラス内順位5位、3勝4敗の上位は3位。リーグ戦なので星取りの運不運は生じます。
今期はやや特殊とはいえ、来期以降もこうしたこと、順位をめぐる悲喜こもごもが日常になります。

今日はオンライン指導対局の日でした。
ご参加いただいた方にはどうもありがとうございました。
来月も引き続き、平日夜と休日を織り交ぜながらやっていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です