詰将棋、歩月のこと、など

数日前の話ですが、連盟HPのまいにち詰将棋(6/19分)に自作が掲載されました。
今回は、作意はとても簡単ですが、変化がすこしだけ面白いと思います。
良かったら解いてみてください。

先日の竜王戦のときの話なんですが、久々に「歩月の間」で対局しました。
将棋会館の対局室には序列があって、現在の東京の場合、特別対局室⇒大広間(高雄・雲鶴・棋峰)⇒飛燕・銀沙(ここまで4F)⇒香雲⇒歩月、となっています。

歩月が再び対局室として使われるようになったのは比較的最近のことで、以前はニコ生の解説スタジオ、さらにその前は囲碁将棋チャンネルの対局スタジオでした。
たしか、以前その部屋で銀河戦を指したことはあったと思うのですが、それ以外の対局は、初めてのような気がします。記憶があいまいで、確信はないのですが。

1局だけで広々と使えたのと、模様替えですこしだけ新しくなった感じがして、とても快適でした。
基本的に他の部屋で足りるうちは(つまり同じ日にたくさん対局がついてない限りは)使われることはないので、もしかしたら最後の機会になるかもしれません。
あとこれもはっきり覚えてないんですが、ずーっと昔、小学生名人戦に出たときには泊まったかもしれない部屋でもあります。(香雲だったか歩月だったかは、今となっては不明)
そんなこんなで、ちょっと書き残しておきたくなりました。

今週は対局はなく、中学校や24での指導対局などがすこしある程度。
すこし身の周りの整理などして、次の対局に備えようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。