勝ち

昨日の対局は、中盤でうまく技が決まり、早い時間に勝つことができました。
幸先の良いスタートを切ることができて、嬉しいです。
良い一年にできればと思います。

終局後は事務室と中継室にちょっと顔を出して、その後は飲みに行くこともなく帰宅。
夜は他の対局をじっくり観戦しました。

長沼ー門倉戦の超難解な詰む・詰まないや、佐藤ー佐々木戦の最終盤での逆転劇が印象に残りました。
後者は中盤も全く羅針盤の利かない難しい戦いで、これが現代の横歩取りの醍醐味なのですね。

また全体的には、後手番が大きく勝ち越した一日だったようです。
先日紹介した(将棋世界とか)羽生先生のインタビューにあった「先手番が難しい時代」をさっそく体現したということになるのかもしれません。
先後の決まっている順位戦でこの星の偏りは、けっこう珍しい印象です。
力戦・不定形が多いというだけでなく、全体で見ても戦型がかなり拡散していることも、大きいような気がします。

今日は昨日に引き続いてB2の一斉対局で、対局数の多い日。
明日・あさってはA級があり、今週は順位戦週間ですね。
名人戦棋譜速報でお楽しみください。

それと今夜はクローズアップ現代に羽生永世七冠と囲碁の井山七冠が登場されるそうで、こちらも要チェックですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です