就位式など

昨日は昼間、連盟書道部。参加者が多く、HPの取材も入るなど盛況な一日でした。
そういえば対局以外で連盟に行くのは久々でした。最近は仕事もなく家も遠くなったのですっかり足が遠のいています。

3月4日(日)に上野公園内の東京と美術館にて、ちょっとしたイベントを行う予定です。
ウェブ上に告知が出たら改めてお知らせしたいと思います。

取材があり東京に来ていたカロリーナを連れて、夜はリコー杯(女流王座)の就位式に行ってきました。
このパーティーは毎年いろいろと工夫が凝らされていて、いつも楽しく出席させていただいています。

次の一手はたしか▲8三銀という手が出題されていたと思うのですが、この手を当日の夜に中継で見たときに、どこかで見覚えのある雰囲気の手だなと思いました。
今月の将棋世界を読んでその謎が解けました。

※▲8三銀△9三飛▲8二銀不成△8三飛▲7三銀成△同飛▲3三桂と進んで先手勝勢。飛車の守備力を奪ったのが大きく、3三に打ち込む駒は桂のほうが効果的。

※今月の付録第16問。▲7二金△9二飛▲8一金と進むと▲3四桂の狙いが厳しい上に、飛車の攻撃力を削ぎどこかで▲9一金の含みも残る。持駒の金銀で玉から遠い駒を狙うのは珍しい。

里見さんは三段リーグにも注目が集まっており残り4局で最低3勝が必要な状況。
女性がどこまで強くなれるかという意味でも世間の期待を一身に受けてきたこの数年間だったと思います。
個人的には数の問題が大きいと思うので、数人で戦っている現状ではやはり相当に大変で里見さんに伍する女性が増えてくれば、自然とトップのレベルも上がると予想しています。

帰宅後、夜はB1順位戦を観戦。
丸山九段の降級が決まり、昇級残り1枠は橋本八段が自力という状況になったようです。

今日の中継は先日引退を表明された蛸島女流六段の、もしかしたら最後になるかもしれない一番など4棋戦4局。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です