ここ数日で東京は急に暑くなりました。
夏の到来を思わせますが、実際には本番はまだ先なので、これから体を慣らしていく必要があります。

マスクを着けて走ると熱中症の危険がある、という報道を目にするようになりました。
自分自身は走らないので(もっぱら散歩か自転車)あんまり関係なさそうですが、こまめな水分補給とかは心がけるようにしましょう。
そもそもマスクより大事な感染予防は他にたくさんあるし、正しくつけないとますます意味ないので、できれば着けたくないのですが、そうも言ってられない状況なので僕も店に入るときなどは着けるようにしています。

将棋界への影響も拡大。緊急事態宣言延長でタイトル戦はどうなるか?
先日も紹介した、遠山六段によるまとめ記事の続報版です。
そろそろ影響が深刻になってきています。
そして当然ながら、6月以降の再々延長の可能性についても、考えておく必要があります。
どのような場合でも、公式戦の再開と維持を最優先する対応が取られてほしいと願っています。
8割おじさんならぬ、8割少年の一日も早い復帰を、ファンも待ち望んでいると思います。

今日は現状で唯一開催されているタイトル戦、マイナビ女子オープンの第3局。
いまモバイル中継を観てみたら、とんでもない局面になってますね。いったいこれはどうなっているのか。(26手目)
ひと目では形勢はよく分かりませんが、互角ということはなさそうです。
ブログの更新ボタンを押したら、さっそく初手から追ってみることにします。

2件のコメント

  1. 「8割少年」とはうまいですね。この度,「羽生の5二銀」の対局が再放送されると発表がありました。当時の羽生九段の年齢は,現在の藤井七段と同い年(18歳になる年度)のはず。これまでの彼の活躍にケチをつける気持ちは毛頭ないですが,そろそろNHK杯での活躍を見たいです。

    1. そうですね。期待される方も多いと思います。
      もっとも、これは今度出る付録にも書いたのですが、デビュー以来今期で4年連続の本戦出場で、すでにそうそうないレベルの数字ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です