4/9 藤森五段戦

対局振り返り、本局は竜王戦の裏街道(昇級者決定戦)でした。
後手番になり、▲2六歩△3四歩▲2五歩の角交換振り飛車を警戒する出だしに対して四間飛車に。
するとこちらが角道を止めたのを見て右四間に構えてきました。

▲2五歩と飛先を突いてしまっている形は、右四間との相性は良くないというのが以前の定説だったように思うのですが、最近は見かけるようになりました。
実はこれ、僕自身も奨励会の頃にはよく指していました。
今になって自分がその戦法に苦しめられるというのは、なんとも不思議な気持ちです。
この将棋の駒組みは、いろいろと反省点が多く残りました。

序盤から主導権を取られて完敗の一局だったので敗因となるような悪手は少なかったのですが、この局面で△5一飛と寄った手はひどかったです。

次は▲7七桂~▲6五歩という進軍が見えているので、何か対処するしかないと思ってしまったのですが、ここは△4四歩~△4五桂を優先させるべきでした。
それならまだ、多少難しいところはあったと思います。
本譜は△5一飛に▲6五歩△同桂▲同銀△同歩▲6四歩と攻められて、勝負所を失ってしまいました。

右四間+居飛穴は完成すればかなりの威力なので、アマチュアの方にもオススメしたい戦法です。
プロでも十分通用することは知っていましたが、次はもうすこしうまく対処できるように準備しておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です