勝ち

昨日の対局は、後手番で相居飛車。駆け引きあって矢倉対雁木の戦型に。
久々に図面貼ります。

ここで△5七桂成がぴったりの決め手。以下▲4四銀△6七成桂と進み、先手玉は必至。
(▲6七同金には△6九金以下の寄せがあり、補充は利かない形)
後手玉は▲3三歩成から清算されてかなり危ない形ですが、8五飛の横利きが強く、わずかに詰みません。
終盤の詰む、詰まないをしっかり読み切って指すことができたので、まずまずの内容になったと思います。

////////////////////////////////////////////////////
対局と重なったために告知をうっかり忘れていたのですが、昨日は銀河戦解説の放映日でした。
(星野五段ー井田四段戦)
来週2月8日(火)に再放送があるようです。良かったら、ご覧ください。
最近の放映結果・予定一覧※注:昨日の結果も更新されています
ちなみに、また対局日で、ちょっとした偶然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。