タイムショックと、趣味の話

昨日に続いて予約投稿です。

こないだのタイムショック、当日は観られなかったので翌日ビデオで観ました。
楽しかったけれど、もうすこしできたな~と残念な気持ちも強いです。
いくらなんでも「2位」と「鴨川」は答えたかったなあ。知ってるし。

半年前の番組を予習して、正直言って2ケタ(12問中10問)は行けそうな気がしていました。
やっぱり観るのと実際にやるのとでは違うんですねえ。
僕も一応プロと呼ばれる身の上ですから、それは重々承知していたつもりだったのですが・・・

それはさておき、話している場面もけっこう使っていただけて、ありがたい限りでした。
将棋界のいいPRにも、なったのではないかと思っています。
もしまた機会をいただけたら嬉しいですし、そのときは必ずリベンジします。

クイズ番組は子供の頃から好きでよく観ていたのですが、昨年Qさまに出させていただいてから、かなり熱が再燃しています。
最近はバックギャモンと並ぶ趣味になりつつあって、けっこうな時間をかけていると思います。
クイズは誰もが見て内容が分かるのと、シンプルにすごさが伝わるのが良いですね。

先日のニコ生のときに、長年の趣味であるバックギャモンに関する質問メールをいただいたのですが、いまはギャモンのほかにクイズと、あと旅行が、3つ同じぐらいの順位の趣味になっています。
これからもなるべく年に1回ぐらいは海外に行きたいのと、あと国内の47都道府県制覇は早めに達成したいと思っています。

今回(小松市)がまさにそうなのですが、棋士は仕事でいろんなところに行く機会がいただけて、時には初めてのところもあって、本当にありがたいことだと思っています。
いろんなところに旅をして、いろんなものを見ることで、人生が豊かになります。
そしてその行く先々で、将棋を通じて人の輪が広がるのは、何よりもうれしいことです。

ついでに言うと、旅をすることはクイズにも役立つんですよね、たぶん。
タイムショックで、熊野と鳥羽が出て来なかったわけですが、三重県は四日市(@学生王座戦)に一度行ったことがあるだけだし、熊野市はそもそも和歌山県だと思ってたからしかたない。
僕の場合、「熊野」といえば世界遺産より先に「筆」と出てきます。(広島県民なもので)
三重県の皆さんごめんなさい!でもこれでちゃんと覚えました。

そういえば、日本にある世界遺産にも、できるだけ行ってみたいですね。
そんなこんなで最近、行きたいところが増える一方です。
良い趣味を見つけたなあと思っています。

予定通りならば今頃僕は空の上。
明日からまた日常に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です