座談会

昨日は中村王座・糸谷八段というスター棋士2人と、学業について話をする機会がありました。
東大受験のときのこととか、単独で聞かれることはいままでにもありましたが他の棋士とゆっくり話したのは初めてのことで、2人の話は非常に興味深かったです。

最近はおかげさまでいろいろな角度から将棋を取り上げていただけるようになっていますので、今後こういう機会も増えていくと良いなと思います。
2人は僕にとっても特別な存在の後輩で、これからも将棋界のために活躍してほしいと願っています。

そんなわけで、久々に対局以外で連盟に行きました。
最近は行くたびに久しぶりなのですが、こうやって外の方から声をかけていただけるのはありがたいことですね。

 

その後、都心に出た足で夜は久々にお会いする方の送別会。
先週末はかなり久しぶりに、将棋ファンの方と飲む機会があって、続くときは続くものだなあとなんだかしみじみ。

この1年ほどで、人づきあいもすっかり様変わりしました。
仕事がなくなったので棋士や将棋ファンと会う機会が極端に減り、家で過ごす時間が多くなりました。
来年度、いまのままで行くか、すこし生活スタイルに変化をつけていくか、考えているところです。

弟子にも日々の生活が一番大事だと口を酸っぱくして言っているので、自分がしっかりしないといけません。
棋士の生活を取り戻すべく、もう1年かけてじっくりと体を作っていくようにと思っています。

 

宣伝をひとつ。
タイトル戦の宿で有名な銀波荘に宿泊して、人気棋士と対局できるそうですよ。
近畿日本ツーリスト

世間が将棋に目を向けてくれることで、こういうことが起きるのだなという好例ですね。
間もなく発売開始のようです。

しばらく前には、常磐ホテル(ここもタイトル戦の宿として有名)で佐藤名人とのタイトル戦体験、という企画をやったことがありました。
今後もこういった体験型の企画は注目を集めそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です