詰将棋のはなし

今月の詰パラ、大学に棋士の名前が3人並んでいるのが目を引きます。
順に宮田六段、谷川九段、飯島七段。

宮田六段といえば解答選手権での活躍が有名ですが、業界では詰将棋作家としても知られているので初入選とは意外でした。
飯島さんがこんなこと書かれてましたが、ご本人のも負けず劣らず良い作品だと思いますよ。

3問ともこの手数の割には超難解ではないので、腕に覚えのある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
(もちろん難しいと思いますが他の月よりは、という意味です)

詰パラでは新年号で毎年「段位認定」と題して10問出題されるのが恒例なんですが、今年は谷川九段と北浜八段の作品が並んでいて、あれは試験されてる感がすごかったです。
最近パラの他にサロンとか、専門誌で棋士の作品を見かける機会が以前よりは増えている印象がありますがどうなんでしょう?

詰将棋といえば、谷川先生の言葉で「趣味は詰将棋創作」というのと「詰将棋創作は楽しすぎるので危険(勉強の妨げになりかねない。解くのは良い)」というのはいずれも有名だと思いますが、あれは目にするたびにいつも信じられない気持ちになります。
実際そう言われた藤井六段は詰将棋創作を控えるようになったという話も最近本で読みましたし、ちょっとレベルが違うなあという感じです。
僕の感覚だと将棋に触れている限り、絶対にマイナスにはならない気がするので、勉強の濃度が違うんだと思います。

谷川先生は最近明らかに発表数が増えている(しかも大作が多い)ので、趣味の時間を増やしているということなんでしょうね。
詰将棋ファンにとっては嬉しい限りでしょう。

僕は対局の前日は詰パラを眺めていることが多くて、幸い今月は大学の3問が詰んだので今日はそこまでたどりつくことを目標にします。

 

王将戦第5局、お互いすごい踏み込みで、力戦ブームの現代将棋らしい展開です。
しかし▲2八銀~▲1七銀~▲2六銀~▲3五銀って、こんな手順がタイトル戦で観られるとは。

昨日中継されていた谷川ー西川戦や千田ー近藤戦も見たことのないような力戦でした。
コンピュータが人間に比べて特に優れている点のひとつが「見たことのないような局面でも正しく形勢判断する能力」だと聞くことがあります。
コンピュータに学ぶことで、そういう能力を人間が新たに獲得しようとする、その進化の過程なのかもしれません。
最近はよく、そんなことを考えながら観戦しています。

将棋世界寄稿余話など

何度か書きましたがいま発売中の将棋世界、カロリーナの勝局を取り上げていますのでお買い求めいただけると嬉しいです。
そして読むだけでなくぜひ棋譜を並べていただけたらと願っています。

なんでもない予選の1局が大きく取り上げられることは異例ですし、これだけニュースの多い中で4ページも割いていただいて、本当にありがたいことと感謝しています。

清水女流六段との対局が行われたのが1月19日で、直後に編集長とメッセージのやり取りがあり、実際に書いたのが2月7日頃のことでした。
直後にカロリーナはこの次の女流名人戦で相川さんに負けてしまったのですが、内容自体は変更せずそのまま載せてもらうことにしました。

中学生が名人に勝つのも驚いたけど、それと同じぐらいのインパクト・・のくだりはちょっとオーバーだったかなと反省していたら、そのまま藤井君が優勝してしまったのでまた驚きました。
ちょっとどころかだいぶオーバーだったなあと反省していますが、今後より大きな活躍をしてそれだけのインパクトを世間にもたらしてくれたらいいなと思っています。

あと清水女流六段が近年タイトルから遠ざかっていることはそのまま女流棋界レベルアップの象徴のように感じていて、内容を見てもらえると清水さんが出来が悪かったとかそういうことでないというのは分かってもらえると思います。
おりしも昨日は女流王位リーグの最終日で、清水さんは白組全勝通過を決めていますし、相変わらずトップを目指す女流棋士たちの壁になっているように見えます。
紅組のほうは渡部さんが同じく全勝通過で、初の挑決進出になりました。

 

あといくつか記事中の補足と訂正。
・20歳だった。と書きましたが正確には19歳と10か月ぐらいでした。これは気づいてたんですがあえてそのままにしました。彼女はなぜか年を聞くと「almost ○○」とひとつ上の歳を答えるのが常だったので。
・食事に連れていくとgood(おいしい)strange(変)ともうひとつ「interesting」(興味深い)の3通りでした。何か抜けていることは気づいてたんですが思い出せませんでした。
当時は食事に対する興味があんまりなかったようですがその後は徐々に変わっていきました。
・同じ問題をさっと解いてみせる、という課題の与え方がその程度一般的なのか。少なくとも彼女にとっては良い勉強法だったようなので、プロを目指すぐらい強くなりたい子が近くにいる場合は有力かもしれません。

彼女について書きたいことや紹介したいことは山ほどありますが、今後も機会はあるでしょうし本人も取材を受けたりする機会がたくさんあると思うので、今日のところはこれぐらいで。
本文中にも書きましたがこの将棋が全世界のSHOGIファンの励みになってくれたらと願っています。

春からは大学(院)を卒業していよいよ本格的にプロとしての生活が始まります。
これからもカロリーナの応援をどうぞよろしくお願い致します。

栃木県のこととか

昨日は三段リーグ最終日でした。

新四段誕生のお知らせ
2人ともおめでとう。

1年半前に藤井現六段が1期抜けしたのは記憶に新しいところですが、あのときの星取りは13-5でした。
今期は13勝以上が4人でこの4人は全員最終日連勝というかなりハイレベルな結果になったようです。
リーグ戦ではときにこうしたことも起きるのが厳しいところです。

里見さんの退会も再び報じられていたようですが、その里見さんが同じリーグで四段になった長谷部君に勝っていることからも分かるように、三段同士でそれほど大きな実力差があるわけではありません。
いつの時代も三段リーグは本当に厳しいです。

 

長谷部君は地元紙・下野新聞などでも報じられている通り栃木県出身者としてはかなり久々の棋士で、近年地元の皆さんが彼に寄せる期待は相当なものがありました。

僕は縁あってこの10年ぐらい年に4~5回程度(多い年はもっと)栃木県を訪れていますが、出身は広島ですし、もともと何かゆかりがあったわけではありません。
一番最初は2004年、プロデビューの年に高文連の大会で審判長を務めたことがきっかけで、この大会にはその後毎年お招きいただいています。
そのときにはまだ生まれてもいなかった子がそろそろ参加してくれる年になるという計算ですし、長谷部君もその頃はまだ奨励会にも入っていなかったようなので、そう考えるとかなりの年月が経ったのだなあと思いますね。

その後は将棋まつりや支部活動など、人の縁でいろいろと関わらせていただいて、もちろんこれからも続くと思いますが今後は彼に中心になって地元の普及活動を頑張ってもらえたらと思っています。
郷土の星がもたらす影響は大きいはずで、栃木県内の将棋ファンがこれをきっかけにいっそう増えていくことを願っています。

 

A級プレーオフは豊島八段の勝ち。
将棋は今朝になってから見たのですが、お互いなんとも粘り強い内容で、体力の心配などいらぬお世話、という気迫を感じましたね。
特に終盤の入り口あたり、▲8八玉~▲8九金~▲8七角という手順は印象に残りました。
玉の下から金を打つ手は好手になりやすいし、玉の頭に角を打つ手も(普通は銀が「形」で角は悪形なのですが)プロが指すときはけっこう良い手が多いイメージです。

B2は森下九段の降級が決定。
他に青野九段もそうですが、長年トップ棋士でありつつ並行して理事職も務められた方の成績が振るわないのは、やっぱり見ていて残念な気持ちになります。
自分も理事になってから成績があまりに下がってしまうと、後に続く後輩のために申し訳ないので頑張らなくてはと思いましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。
そういう意味でも(自分とは元のレベルが違うとはいえ)前会長の谷川九段や、現会長の佐藤九段の活躍は本当にすごいと驚嘆するばかりです。
自分自身のことは、まだまだこれからだと思っているので、今後はもっと巻き返していきたいです。

A級プレーオフの次戦は3月10日でその佐藤会長と豊島八段、どんな将棋になるのか楽しみです。

 

プレーオフとか

昨日のエントリ、数字がいろいろとおかしかったのであとで訂正しました。
あまりのことにちょっと興奮しすぎたようで(?)すみません。
とは言えとんでもないことが起きたことには変わりないですよね。

で、さっそく今日はプレーオフの第1局。
日程は本当に組めるのだろうかとか、観戦記はどうなるのだろうかとか、将棋世界にも載せきれないよなとか、対局料はどうなるのだろうとか、名人戦のポスターはいつ発注できるのだろうかとか、気になることはたくさんありますが何はともあれ追加で観れることになった5局を大いに楽しみましょう。
ただ体だけは本当に心配なので、個人的にはこれが最初で最後のお祭りになることを願っています。

そういえば名人戦第1局が今年は例年より1週遅いように思うのですが、まさかこの展開を予期していたのですかね・・?さすがにこれは単なる偶然でしょうか。

今日は日曜日ですがその他にB2の延期分も1局行われるようです。
名人戦棋譜速報でどうぞ。
またモバイル中継ではもう1局、こちらは棋王戦でプロアマ戦です。

 

昨日はひな祭りのイベントで弟子や妹弟子の対局が中継されていました。
カロリーナは女流名人戦を負けてしばらく対局がない状態ですが、こういうところで勝局がファンに見てもらえたのは良かったですね。

将棋世界の記事のことは明日書こうと思います。

今日はこれから上野の美術館に行きます。
第54回 菅菰書展に棋士の書を展示
正直言っていささかならず恥ずかしくもあるのですが、めったにないことなので楽しみです。

最近ネット上の話題で目を引いたのが「スマート」というファッション誌の付録で将棋がついていたこと。
あんまり自分には縁のなさそうな雑誌で(笑)こういうのは良いですね。
将棋と関係ない友人からもこんなのあったよ、とメールが来たりとか、将棋が将棋界の外に進出を続けているのを実感します。

では今日はこのあたりで。

将棋界の一番長いプレーオフ

昨日は宣言通り、のんびりと将棋観戦の一日でした。

A級順位戦、まさかの6人プレーオフ。
可能性としては語られていても、まさか本当に起きるとは。
またひとつ、現実が虚構を超えた。といったところでしょうか。
事実は小説より奇なり、と。

名人への挑戦者を決めるプレーオフは、同星で並んだ場合パラマス方式で決定するというルールになっているので、順位下位の久保王将・豊島八段は挑戦まで5勝を必要とすることになります。
5勝で残留、6勝でプレーオフ進出の、1年間の長いリーグ戦がいましがた終わったばかりと思うと、あと5勝は果てしない道のりに思えます。

その久保ー豊島戦は明日で、名人戦の日程を考えるとここから週1以上のペースで消化していくことになるのでしょう。
王将戦のタイトル戦も並行していることを考えるとかなり非現実的な日程で、体が心配です。
もっとも32分の1の目が出たばかりなので、ここから再びお二人のいずれかが32分の1の目を出しても、もうまったく驚きませんが。
(※↑渡辺ー三浦戦はプレーオフには関係がないので16分の1が正解でした。訂正します。)

 

もともと現行の規定だと、5-4が9人と0-9が1人で、10人中9人のパラマスプレーオフになるという可能性を毎年はらんでいました。
(※8-1、と間違えて書いていましたが5-4ですね。修正しました。すみません)
まあそんなことは現実には起こらないだろうということで、長年放置されていたのだと思います。
なにせ過去半世紀以上にわたって同じルールでやってきて、4人が並んだのが最高でした。
3局追加ぐらいなら(現場は大変でも)今年は盛り上がるなあ、ということで良かったのでしょう。

ちなみに万が一↑のようなことが起きた場合、現行のルール上は5-4の中から誰かひとり降級することになります。
プレーオフの結果は挑戦者以外翌年の順位に影響しない、というルールがあるので、順位下位から再び勝ち上がって挑戦者決定戦で負けたとすると、「本割5-4、プレーオフ7-1」で降級、という可能性もあったわけです。
まあさすがにこんなことは起きないだろうし、起きても救済措置が取られる気はしますが。

今回のことがきっかけで、パラマス方式は危険と認識されて、ルールが改まるのではないかと予想しています。
可能性があることと現実になることには大きな差があるし、これまで見直されずに来たのも仕方ないかなと思います。
こういうご時世ですし、トップ棋士にも働き方改革が必要でしょう。

 

6人プレーオフに加えて渡辺棋王の降級もあって、起きた現実に驚くしかない一日でしたが、盤面の話をすこしだけ書くと、深浦九段の指し回しが見事でした。
あと佐藤会長の剛腕もいつもながらすごかった。
個人的にはこの2局に特に注目しながら一日を過ごしました。

あと裏番組の(?)谷川ー村山戦(王位リーグ)の終盤がすごかったです。
まだ見てない人が多いと思うので、ここにひっそりと記しておきます。

すべての対局に死力を尽くすからこそ起きる人間ドラマ。
という将棋界の一番の価値を、改めて思い起こさせてくれるすごい一日でした。