封じ手とか

名人戦は2日目に入りました。
佐藤名人が封じ手で大長考。
30分以上封じ手時刻を過ぎるのは珍しいので、すこし話題になっていたようです。
かつては加藤先生が、封じ手で大長考して、休憩を挟んだということもあったそうですね。

本局の場合、ちょうど仕掛けの場面だったので、自然な長考と思いました。
解説されている通り、選択肢も多く、難しい局面です。
10時半現在、封じ手から6手進みました。
ここからはさらに濃厚な長考合戦になりそうです。

昨日の中継の話。
ブログを初めてから、連日いろいろな戦型があり、毎日楽しく観戦しています。

昨日の杉本ー千田戦。(王将戦)
感想戦コメントに「代えて▲4七銀は△5五金▲同角△同角▲同飛△3三角の強襲が気になる」と書いてあって、見たことない筋でびっくりしたので、取り上げました。
以下たとえば▲5八飛と逃げると、△9九角成▲7七角△同馬▲同桂に△5四香の田楽刺しが厳しくなります。

で、▲4八金だとどう違うのか?は書かれていなかったのですこし考えたのですが、そこで▲4五金と受けるということだと思われます。
以下△5五角▲同金と進むと

▲4五金でなく▲7七角だと△5五角▲同角に△5六飛と打たれて王手角取り。
▲4七銀の形だと△5七飛と打たれて王手金取り。
この図だと飛車を打つスペースがありません。

作り物みたいな手順で、びっくりです。
そもそも将棋の序盤で、こんなに早く中央に金が進出することは普通ないので。
ただ実際は、上記△3三角には▲2五飛△2四歩▲2六飛△9九角成▲7七角という対応もあり、自分の感覚では、ちょっと後手が無理している気がしました。

全棋譜は将棋連盟ライブ中継でご覧ください。
(※たしか30手目まで無料だったはずなので、取り上げた場面は購入しなくても見ることができると思います)

この将棋は終盤が面白く、感想戦もかなり詳しく取材されています。
感想戦の取材は記者によってかなり棋風の出るところで、変化を詳細に書く、ワンポイントを取り上げる、形勢の分かれ目だけ詳しく書く、その手を選んだ心情を多く盛り込む、等さまざまです。
総じて、関西の記者のほうが詳しく書いている印象です。
個人的には、形勢を分けた場面がはっきりしているのが良いと思います。
あとは長い変化手順よりも、そうなる理由が言語化されているとありがたいですね。

自分ぐらいのコアなファン(?)になると、誰が中継担当かは読めばだいたい分かります。
記者の方々も棋士と同じで、これからも技術と個性を磨いて、頑張ってほしいと思います。

今日の東京はあいにくのお天気ですが、昨夜からの雨は上がったみたいです。
皆様どうか、名人戦の解説会にお越しください。

名人戦開幕

今年もこの季節がやってきました。
第1局は恒例の椿山荘です。

戦型は大方の予想通り、横歩取り。
今期は横歩シリーズになることは間違いないでしょう。
ただ、いまは特に流行形が拡散している印象なので、たぶん毎局違った形になると思いますし、この名人戦で登場した形が、その後の流行を作っていくと予想しています。

名人戦は主催の朝日・毎日両新聞の観戦記や当日・翌日の紙面はもちろんのこと、両社のデジタル版でも詳報されます。

また連盟でも、モバイル中継と、名人戦棋譜速報。
ニコ生とAbemaTVでも生放送されています。

また関西将棋会館や、現地椿山荘でも大盤解説会が行われます。
ぜひお楽しみいただきたいと思います。
(※11時50分追記
東京・将棋会館での解説会はありませんでしたので、訂正します。
1日目の本日は現地・椿山荘のみ。
明日2日目は、関西将棋会館と、そのほかに新橋・SL広場でも解説会が行われます)

 

昨日の中継4局も、面白く観戦しました。
東京の2局、5時間の将棋は意外な夕休前の終局だったものの、内容は見ごたえがあったと思います。

三枚堂ー勝又戦は、△4四銀と上がったタイミングで▲4五桂というのが、類型の少ない組み合わせだったのではないでしょうか。
最近は早い桂跳ねがトレンドですが、ああいうタイミングもあるのだなあと勉強になりました。
△4四歩だと▲4五歩の仕掛けを与えるし、突かないといきなり桂馬を跳ねてくるし、困ったものです。

畠山ー阿部戦は衝撃の駒組みでした。
論より証拠、百聞は一見に如かず、なのでぜひご覧ください。
図面を載せようかなと思ったんですがひとつ、ふたつでは済まなくなりそうなので、やめておきます。
(※逆に楽しみを奪ってしまうことになってはいけないですし、権利への配慮もあるので、数多くは載せない方針です)
特に序盤の早い△3三桂や、その後しばらく進んで△5二玉と寄った手はインパクトがありました。

最近のプロ将棋を観戦していると、もともとの予定だったとは考えにくいけれど、指されてみると場合の好手。
という指し手が、序盤から増えている印象を受けます。
全体の流れよりも、その場の最善を追求する姿勢が(ゲームの性質上本来はそれが正しい)、大切な時代になったと感じます。

大阪の2局は、超急戦と、角交換振り飛車。
一昨日に引き続き、戦型がうまく分かれてくれて、観戦には楽しい一日でした。

 

盤面の話ばかりも何なので、日常の話もすこしだけ。

最近は大半の時間を家で過ごしていますが、昨日は大学時代の友人たちと飲んでました。
僕のことを心配して誘ってくれたみたいで、ありがたいことです。
おかげさまで元気にやっていますし(それが一番大事)、将棋に対するモチベーションがあるので、大丈夫です。

30代半ばというのは、会社や組織の中にいると、何かと難しい年齢のようで、それぞれの悩みを感じました。
世の中の大半の人は、仕事をしていればときにはイヤな思いもするし、本当はやりたくなくてもやらざるを得ないこともあるのでしょう。
自分が将棋をこれからもずっと続けていけるのは、とてもありがたいことだと、今日も感謝して過ごしたいと思います。

週末は花見に出かけたいと思っています。
そういえば今年の名人戦は、特にいい時期の開幕になりましたね。

昨日の中継など

昨日は、なんだかたくさん将棋を観た気がしたのですが、実際は3局。
どうしてだろうと思って考えてみたところ、王将戦(3時間)、棋聖戦(4時間)、王座戦(5時間)とそれぞれ持時間が異なり、かつ、戦型も角換わり、矢倉、横歩取りとバラけたからかなと思いました。

ちなみに今日の中継は4局で、2局が3時間、2局が5時間の将棋です。
だいたい最近は、平均して1日4局ぐらいでしょうか。
全棋譜は将棋連盟ライブ中継で。

持時間3時間だと昨日のように、おやつの時間ぐらいには勝負どころを迎えます。
4時間だとちょうど夕方の帰宅ラッシュの時間帯ぐらい。
5時間だと夕休すぎ。
という印象です。

もちろん将棋の内容や時間の使い方によっても変わってきます。
時間いっぱいまで使い切ると、3時間で5時台、4時間で7時台、5時間だと10時頃の終局が見込まれます。
観戦のご参考まで。

昨日の対局から図面をひとつ。

この感想がなかなかに意外で、面白く感じました。
というのもこの局面のすこし前、先手が▲5三歩成と行ったのも意外で、それは5筋に歩が利くようになるからなんですよね。
そう考えると、△5七歩は思わず指したくなる一手です。

そして、▲7九玉のタイミングで△8七歩も至って自然です。
むしろ6九玉の形で△8七歩のほうが珍しいと思います。

ということで、本譜が先手ペースならば、自分なら代えてこの局面で△8八歩を考えます。
8八の角が7七に動いたタイミングなので、そこで△8八歩は「筋」でもあります。
▲同金にもう一本△8七歩か、あるいは△5六銀打と攻めてどうでしょうか。
有力だったのではと思いました。

 

ところで、今日は熱局セレクション2016(将棋世界来月号の企画)の投票〆切です。
まだの方は忘れないように投票しましょう。(以上、棋士向けです笑)
昨年度は、特に熱戦が多かった印象で、どんな結果になるのかとても楽しみにしています。

そういうわけで、昨日は2016年度の熱戦をいろいろ見返していたところ、当然のように糸谷八段の将棋もたくさん自分の候補に上がりました。
彼の将棋はいつも混沌としていて面白いです。
本局も持ち味全開で、この前にも後にもいろんなことがあった末に勝ち切っていました。

自分の投票のことは、また将棋世界が発売される頃に、書く予定です。
本当に、最後まで悩みました。

昨日のもう1局の飯塚ー橋本戦も見ごたえがありました。
横歩取りは研究勝負で好きになれないという方も多いと思いますが、飛び道具がアクロバティックに乱舞するのは、自分は見ていてとても楽しいと感じます。
この将棋は序盤から終盤まで、ハラハラドキドキの面白い将棋だったと思いました。

新記録

藤井四段、今日も強かったです。
デビュー11連勝の新記録ということで、メディアにも大きく報道されました。

記録はどこまで伸びるのでしょうか?
なんだか突然とんでもない賞金首がやってきたかのような状態に思えます。

今日の将棋は少し苦しそうに見えたのに、気がついたときには抜き去っている感じでした。
自分がうまいなあと思ったのがこの場面です。


攻め駒が急所に来ているので、この局面はひとめ後手持ち。
ただ△8六飛の切り札を出すには早いので、どう指すか難しい局面に見えました。

ここで△9五歩と一見やや緩そうに見える球を投げたのが(たぶん)好手。
これを▲同歩も簡単ではなさそうですが、おそらく△9六歩ともう一手ためるのでしょう。
さらに▲同香なら△9七歩か△9八歩、いずれも有力です。

実戦は▲7九桂と受けた手に対し、金を取らずに△7六銀成。
続いて▲7四歩に、あえてタダのところに△6五桂!

この組み立てのすごさをどう表現したものか難しい。
自分の手番であえて手を渡して、相手にも一手指してもらってから切り返す、という感じです。
当然ながら、相手の手をよく読んでいるからこそできるのだと思います。

全棋譜は将棋連盟ライブ中継で。
(※新しいページができたようなので、固定ページもリンクを差し替えました。)

こないだ書いた通り、毎日棋譜中継を観ていますが、最近は特に時間をかけて観るようになりました。
面白いです。

ただあまり楽しむばかりではいけないし、こうやって紹介しているだけでもいけないので、なるべく頭を回転させながら観戦することで、自分の将棋に役立てることがいまの目標です。

 

コメントについて

再開から数日経って、だいぶ扱いに慣れてきました。
これからやってみたいこともあるので、勉強して、いろいろ試してみようと思います。

今朝はコメント欄についてです。
いまのところ、デフォルト設定そのままにしてあります。
承認制、かつメールアドレス要記入というのが、このブログの基本設定のようです。
メアドはもちろん公開されませんし、私がそのメアドを使うこともありませんので、その点はご安心ください。

すでに数人の方からコメントをいただきました。
↑のような面倒な手間をいとわず、どうもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

 

承認、返信等の方針についても、簡単に書いておきます。
まず、原則としては公開(承認)します。
(もちろん、一般的に見て悪意のあるようなものは、削除します。)

こないだ「羽生善治」という方からコメントをいただいたのですが、これは承認しないであります。
万が一同姓同名か、万々が一ご本人だったら申し訳ないのですが、何か別のハンドルネームでお願いします。
その昔には「daicham」という名前の投稿とかもありました。
紛らわしいものは控えるようにしてください。

また、「承認不要」のように、何か分かるようにしていただければ、承認しないで、僕が読むだけにします。
この方法で、メッセージ代わりに使っていただくこともできます。
twitterのDMは相互フォローでないと使えないので、この方法はなかなかに便利なのではと思います。

 

それからこのブログでは、将棋の解説をいろいろな形でやっていきたいと思っているので、記事で取り上げた盤面(指し手)に関する質問については、必ずお答えしようと思っています。
ぜひお寄せください。
取り上げた以外の将棋の場合は、可能な範囲でお答えしたり、あるいは別途取り上げさせていただこうと思います。
将棋に関係ない質問については、基本的にはお答えしないつもりです。
そのほかのコメントにも、一つひとつの返信は致しかねますので、ご了承ください。
ただ、手間をかけてコメントをいただけることは、ありがたいことと感謝していますし、必ず目を通します。

 

gooブログでの10年の間には、コメント欄でだけやり取りさせていただいていた方も何人かいました。
コメントがきっかけでリアルで指導将棋を指させていただくことになった方もいました。
いわゆる「炎上」も何度か経験しました。
いろいろと、懐かしいです。

これからも、考えながらやっていくことになると思うので、あくまで現時点での考えです。