最近の棋界ニュース

瀬川五段の「泣き虫しょったんの奇跡」が映画化されるそうです。

実はしばらく前にご本人から聞いて知っていて、発表を待ち遠しく思っていました。
最近は研究会はやっていないのですが、連盟とかではよくお会いしているので、そういう方が映画の主役になられるというのはなんだか不思議な感じですね(笑)

どんな仕上がりになるのかとても楽しみです。
たぶん、将棋界の厳しい部分も、かなり取り上げられるのでしょう。

そういえば今年も奨励会試験の季節です。
プロを目指す子は、ここ数年それほど増減の印象はないですが、数年後はおそらく目に見えて増えると予想しています。
羽生七冠の数年後がそうでした。
いつの時代も競争が厳しいのは同じですが、入ってくる子には、とにかく全力で頑張ってほしいと願うばかりです。

「棋士のまち」加古川市 将棋の健康効果研究へ
感覚的には、ある程度の効用は間違いないところと思いますが、具体的な実証研究は大切ですね。
それなりに予算も必要なのでしょうし、本当にありがたいことと思っています。
また子どもへの教育効果はさかんに言われていて、そちらの分野でもこうした研究が出てきたらと期待しています。

すこし先ですが、NHK杯の森内九段ー藤井四段戦は生放送とのこと。もちろん異例です。
1回戦が収録即日の結果報道だったので、それならということなんでしょうね。
フィーバーの余波で、いろいろと例のないことが起きています。
すべてひっくるめて、とても良いことだと思います。

↑にも書きましたがこの季節は奨励会試験の関係もあって対局が少なめで、昨日は中継3局、今日は1局。
ただ昨日はカードも内容も重量級で、面白い一日でした。
今日はA級順位戦があります。

昨日の対局

先手番で三間飛車を採用。
相手の居飛穴の堅さにやられました。
と書くといいとこナシみたいですが、それなりに手ごたえもあったので、また試してみようと思います。

最近は振り飛車の採用を多くしていて、感触は悪くないもののなかなか結果は出ていません。
戦型や取り組み方の問題ではなく、中終盤の精度が上がれば解決するような気がするので、引き続き頑張ります。
図面は載せるにしてももうすこし反省してからにします。

代わりに(?)昨日の藤井四段の急戦を見て、思い出した将棋を。

今年1月、▲高野六段との竜王戦。
図の△8五歩はすこし早いのですが、ここからもし▲7八金△7三桂▲6九玉と進めば、いきなり△6五桂が成立する可能性もあるかもしれないと考えました。
わずか14手目での△6五桂ポンは、昨日の藤井四段とまったく同じです。

実際にそう指したかは不明ながら、実戦は▲6六歩~▲6七金と用心したのでこの筋は実現せず。
ただ、▲6六歩と突くと流行の左美濃急戦を受けることになるので、先手としてはやや作戦を限定させられた意味がありそうです。

昨日の将棋はこの将棋より先手にとって条件が悪い(▲4八銀が壁になっている)ので、有力な仕掛けだと思います。
矢倉は将棋の純文学、じっくり駒組みするのが当然という考え方は、いまは変わってきていることを改めて感じる一局でした。

このあとは今月中に竜王戦と王位戦が決まっていて、そのあと9月に入っておそらく王座戦、そして順位戦と1週間に1局のペースで、持ち時間の長い対局が続きます。
昨日の対局は、秒読みに入ったところでミスが出てしまい残念でしたが、今度はじっくり考えられるので、そういうことのないようにしたいと思います。

本日対局

朝日杯の午前1局バージョンです。
昨日紹介したような、良い内容の将棋が指せるよう頑張りたいと思います。

今期はこないだの将棋が初めて先輩との対戦で、それまで銀河戦予選含め7局連続の上座でした。
本局とその次も後輩との対戦が決まっていて、実に10局中9局が上座ということになります。
これだけ続いたのはたぶん初めてで、いつの間にか中堅と呼ばれる年齢になってきたということなのでしょう。

そんな中でどう存在感が薄れないように戦っていくか、なかなか難しいですが一局一局考えながらやっていきたいと思います。

昨日の竜王戦挑決第1局は大激戦の末、羽生三冠の先勝。
終盤はまさかの詰み逃しがあり、見ていて驚きましたが難しく危ないほうの橋を正確に渡り切ったといったところでしょうか。
終盤だけでなく序中盤も定跡の進化に貢献しそうな一局で、本当に見ごたえのある好局でした。

では、行ってきます。

8/8 近藤六段戦

先日の順位戦は、167手の大熱戦の末、なんとか勝ち。
苦しみ続けての初勝利で、ホッとしました。
現行のルール(チェスクロック使用=1分未満の切り捨てなし)になってからは初めての1分将棋で、終局時間も一番遅く、初のタクシー帰りにもなりました。
感想戦もけっこう長くやりましたが、難解で結論の出ない変化が多かったです。

近藤さんとは熱戦が多いなと思っていま調べてみたところ、過去順位戦では4回対戦していて

H16 0:15 150手で負け
H22 0:56 126手で負け
H23 0:47 140手で負け
H26 0:08 140手で勝ち

とすべて大熱戦で、たぶんこういう相手は他にいないと思います。
自分では分かりませんが、どこか波長が合うところがあるのかもしれません。
この日の終局は23時半頃でしたが、当時のルールであれば、おそらく1時コースだったでしょう。

将棋の内容についてすこしだけ。
(全棋譜は名人戦棋譜速報で見ることができます)

ワカレとしてはまずまずかなと思っていたところで、78手目の△6三金が良い手でした。
一歩と一手の交換なので、浮かびづらい一着ですがこの先ずっと、歩が足りない局面が続くことになります。

88手目の棋譜コメントに書かれている▲6三歩成以下の変化はもちろん対局中にも読んでいて、これで勝てれば良いと思ったのですが▲6四角のときに△6三金▲同角成△7三金で自信が持てませんでした。

(変化図)

この変化をはじめとして、穴熊特有の再生あるいはZを生かす手順が読みの中にたくさん出てきて、実際の形勢以上に勝つのが大変な作りの将棋でした。
実は当初の予定は△6七銀に▲7九金だったのですが、これもいざその局面になってみたらかなり指しにくい手で、それで本譜になりました。

107手目の▲7二銀が渾身の勝負手で、普通は▲6四角~▲7四金~▲8三歩と迫るところですがその瞬間がやはり相手玉が絶対詰まない形なので、勝てない気がしました。
本譜は2四の飛車が取られる直前の働きで、▲2二飛成の筋が大きなプレッシャーになっています。
以下も難解で、すこし足りないかなと思いながらも最善を尽くしていたら、結果幸いしました。

8月8日は村山先生の命日でもあり、気持ちのこもった将棋が指せて良かったです。
次も良い将棋が指せるよう頑張ります。

最近の注目局など

昨日東京に帰ってきて、今朝は3日ぶりにPCを開いて最近の記事などをチェック。
旅先でも対局だけはモバイル中継で観ていますが、そのほかの話題はスマホでは見ていないことも多く、ブログもごく短い更新にしました。
今日から通常営業に戻ります。

田中さんが将棋怪童 村山聖杯(中国新聞)
彼は2度目の優勝で、決勝戦も安定した内容でした。

259名の参加は過去最高で、実は昨年の213名も過去最高だったので、今後なかなか越えるのが難しい人数でしょう。
また、全国規模でない大会としては相当な数字だと思います。
昨今の将棋ブームが、はっきりと数字に表れました。

王位戦第3局は羽生王位が一番返して1-2に。
菅井七段の指し回しはなんとも大胆だなあとずっと驚きながら見ていましたが、さすがに無理があったようですね。
とはいえ毎局あまり例のない面白い将棋を見せてくれて、楽しい限りです。

ただ羽生王位はこの白星をはさんで棋王戦と王将戦は負け、年明けのタイトル戦出場はなくなりました。
棋王戦で羽生先生を負かした及川六段はC2順位戦では不振だったり、戦国時代の様相ですね。

昨日の王将戦は、86手目で攻めの手番が回ってきたところでは、羽生先生のほうに勝ちがあるように見えたのですがどうだったか。
この直後、▲5五馬と引いてその馬を取らせている間に寄せるというのは見事な組み立てで、あそこから三浦九段が勝ちになった気がします。
さすがの終盤力で、やっぱりトップ棋士はすごいものだと改めて思いました。

王将戦では、一昨日の松尾ー阿久津戦も面白い終盤戦で、見ごたえある一局でした。
こういうときはできるだけ自分の頭でも深く考えてみようと思うのですが、面白い将棋が多くてなかなか追いつきません。
でも楽しくて良いことだなと思っています。

C2順位戦は8人が3連勝で、うち3人が初参加。
1人は注目の藤井四段で、あと2人がフリークラスからの昇級組。
藤井君への注目はもちろんとして、今泉さんと佐々木君にも、個人的にはかなり注目しています。
ちなみに佐々木大地君は怪童戦の優勝経験者で、長崎の離島からはるばる来たということでよく覚えています。

高見ー藤井戦は、矢倉の急戦形で一度は4二に引いた角が、3三~1五~2四と大活躍したのが印象的でした。
「藤井四段の将棋は角を使う手に特徴があります」と杉本七段が先日の将棋世界付録で書かれていたばかりで、本局を見てもたしかにその通りですね。
矢倉の将棋で、こうやってラインを変えながら攻めるのはかなり珍しいと思います。

今日の中継は京急将棋まつり最終日より3局。
加藤ー神谷戦、たぶん戦型は四間飛車vs棒銀になるんだろうと思いますが、盤外ではどんな戦いになるんでしょうね(笑)