順位戦

昨日は何年ぶりかに、夕休明けから控室で順位戦の検討。
20代の頃は日々、連盟に通い詰めていたものですが最近はすっかりご無沙汰でした。
やっぱりリアルタイムで将棋を観るというのは勉強にもなりますし、何より楽しいので、今後はまたときどきはこうやって、足を運びたいと思っています。
名人戦棋譜速報

昨日のB2は比較的進行の早い将棋が多く、夕休前後にまず注目したのが中村修ー飯島戦。
最終手△3九銀が必至というのにしばらく気づかず、「投了」と聞いてすぐにすべてが判明。
投了以下▲3九同金に△同竜だと▲5六歩で難しいのですが、代えて△5九金▲4八玉△6八竜の3手詰があります。
直前の▲3七銀に代えて▲2六歩△3九銀▲同金△同竜▲5六歩という変化を検討していたので、という人間ならではの盲点でした。

鈴木ー戸辺戦の116手目のコメント、変化図を作ると↓のようになります。
(115手目▲5四角に代えて▲7三桂△同飛▲5四角△7二歩▲7四桂まで)

この変化はかなり奇跡的な順で、▲7三桂をこのタイミングで打たないといけない(△同銀には▲7二銀で詰むので、△同飛に限定できる)というのがミソ。
最終手の▲7四桂が「詰めろ逃れの詰めろ」で、どうやらこの局面は先手勝ち。
すごい変化があるものだと、控室で盛り上がっていました。

この順をふまえて、106手目の△9九飛成では△8八飛成もあり、以下▲9六玉△7六飛▲8六金△7二銀・・という変化も難解。(検討の感じでは後手が勝ちそう)
実戦の終盤というのは、毎回ではないけどちょくちょくこうやって作り物以上に難解で面白い変化を内包します。
本当に面白く、そして不思議なものです。

 

日付戻って一昨日のC2は、遠山ー増田戦が、相雁木のスピーディーな駒組み、その後のまったりした攻撃陣再編成、急に終盤へとなだれ込んでいく流れ、とどれも自分にはびっくりで、これが近未来の将棋なのかと衝撃を受けました。
遠山君本人のブログに書かれている変化も、なかなかお目にかかれないような面白い手順です。

ちなみに△3三角までの局面は、公式戦では初めてらしいですが前にも書いた通り、僕は子どもの頃に何度も指したはずです。
その後は角を2六(8四)に転換することが多かったと記憶しています。
まさか平成も30年近くなって流行の兆しを見せるとは、将棋とは本当に不思議なゲームだと思います。

ところで、↑のブログに「最近は前例を調べていないので」と書かれていて、ちょっと考えさせられました。
自分のように、他のプロの将棋を熱心に見ているのは、いまや少数派、あるいは守旧派なのかもしれません。

昨日もそうだったし、最近は控室に足を運ぶ棋士は少なくなっています。
他にもっと効率の良い勉強法や、やるべきことがあるのも事実なのでしょうけど、結局は楽しくないと続かないので、僕はこれからもいまのスタイルを大きく変えることは、ないような気がしています。
(と言いつつ先のことは分かりませんが)

楽しみながら強くなるのが理想で、プロになるとそうとばかりは言っていられない、と言いつつも根幹となる部分は同じです。プロである前に人間なので。
しばらくはいまの生活を続けて、結果が残せるように頑張りたいと思っています。

天才論~「ユリイカ」2017年7月号

しばらく前に話題になっていたんですが、最近ようやく読み終えたのでご紹介。
猛烈に面白かったです。

見た目は将棋世界のムックかなという感じですが、本当の中身は哲学書。
でもこの号の内容は、大半が将棋で、何とも不思議な雑誌です。

佐藤康光九段が

やはり天才の定義としてはふたつあって、ひとつは一瞬の煌めき。(中略)もうひとつは、(中略)同じことを長時間持続させる才能。技術ではなく、精神的な部分ですね。その両方が備わっていないと、天才とはいえないのではないかと思います。

と言えば、
次に羽生三冠が

ひとつは若いときの煌めきにあります。

しかし同時に40代・50代になっても活躍をされていたので、継続して活躍していたという意味でも天才といえると思います

と似た角度から語り、
しかしそうかと思うと今度は森内九段が

安定型というよりも爆発力のあるタイプの棋士で、そういう方のほうが天才的だと思います。

あるいはもうすこし別の視点から見れば、将棋界では、新戦法や新しい手を生み出すような独創的な将棋を指される方が天才といわれるのかなと思います。

とすこし視点を変えて語っていたり。
なかなか将棋雑誌でも組めないような、贅沢なラインナップ、濃厚な特集になっています。

個人的にとても興味を惹かれたのは先崎九段のこの一節。

才能というのは生ものなので腐りやすいんです。取り扱い危険物というか、かえってその腐ったにおいに自分自身が耐えられなくなって駄目になってしまう。それよりも将棋の世界は必ず勝ち負けがつくので、負けたときにどう乗り越えていくかとか、ひじょうに精神的ストレスを伴うところで対峙していかなければいけない。そういうとき将棋の才能というのは役に立たないですからね。プロのトップ10に入るような世界では、才能があっても勝ち負けに対する耐性がなければ駄目なんです。

天才は天才を知る、かどうかは僕には分かりませんが、棋士は棋士を知る、棋士にしか分からない棋士の世界、というものはたしかにあって、そういうものをこれだけまとまった分量、まとまった熱量で読めるというのは貴重な体験でした。

 

あと天才論といえば、最近読んだ山口瞳さん(この方はかつて将棋界の大変な支援者だったそうです)の「続・礼儀作法入門」にこんな一節がありました。

私は、天才と常人をわけるものは集中力にあると思う。もしくは持続力である。ある時期において、ひとつのこと(自分の好きなもの、自分に関心のあるもの)に全身全霊でもって集中できるのが天才である。(中略)だから、私は、天才が偉いとは思わない。それは人間のひとつの型であるにすぎない。私は自分が常人であることを悲しまない。

これはいろんな意味で共感するところ大で、僕は棋士の中ではたぶん飛びぬけて集中力がないほうなんですが、まあそれはそれで一局の将棋、一局の人生だなあとよく思っています。

8月

早いもので今日から8月。

東京は猛暑というほどではないものの、蒸し暑い日が続いています。
そのわりに雨が少なく、水不足の心配も聞こえてきますが、今週は恵みの雨になるんでしょうか。
台風がゆっくり近づいているとかで、こちらも心配ですね。
日々の備えを怠らないようにしましょう。

竜王戦は羽生三冠が勝ち、松尾八段との挑決へ。
1組の優勝と準優勝で挑決はたしか初めてではなかったでしょうか。
羽生三冠が勝てば永世竜王へのチャレンジ、松尾八段が勝てば初めての同門対決ということで、いずれにしても大きな注目を集めることになりそうです。

昨日の将棋は、終盤で▲7三銀と打った手が、なんとも気がつきにくい決め手でした。
ああいう手を見逃さず、しかもためらわず指せるのはさすが羽生先生ですね。
横歩取りの「勇気流」は引き続き流行しそうな感じがします。

それと昨日は、もう1局の井出ー高田戦(王位戦予選、開幕局)が非常に面白い内容でした。
四間飛車から居玉のまま攻めかかる、と聞くと相手は穴熊模様が普通ですが本局は玉頭位取り。
こういう見たことのないような戦いは、今後も増える一方でしょう。
最近相居飛車だけでなく、一見普通の振り飛車、対抗形での不定形もよく見かけるようになって、本当に観戦していて面白い時代になったと感じています。

今日はC2順位戦。

席上対局とか

昨日の東急将棋まつりは、白瀧あゆみ杯を中心としたプログラムだったのですね。
この棋戦は、棋士御用達の「白瀧呉服店」さんが主催で、そちらの和服を着て指すのが特徴です。

モバイル中継もあったので観戦していました。
特に1局目の頼本ー和田戦は序盤から終盤まで面白い将棋でした。

最近は若手女流棋士たちが、(自分の得意戦法ということでなく)最新流行形を指すようになってきた印象があります。
奨励会員や棋士と練習将棋を指す機会が増えているからではないかと思っています。

トリを飾る佐藤名人ー木村九段戦も、さすがに見ごたえある一局でした。
この一局は佐藤名人の四間飛車でしたが、席上対局だと、トップ棋士が(普段あまり指さない)振り飛車を指すことが多い気がします。
それがまたうまい、しかし相手も強いので、いろいろあった末に居飛車が勝っていることが多いような、そんな印象です。
席上対局で振り飛車側が勝てば、それがきっかけで振り飛車がプロ棋界でも大流行・・したりはしませんかね。

東急将棋まつり最終日は加藤九段が登場のようです。
たしか今日、7月31日は加藤新名人誕生の日だったと思うのですが、これはまったくの偶然というわけでは、たぶんないんでしょうね。
その加藤先生、現在引退の一局が観戦記掲載中(読売新聞)です。
ぜひご覧ください。

 

今日は竜王戦準決勝の羽生ー稲葉戦。
戦型は横歩取り勇気流に進んだようです。
羽生先生が同じ作戦を立て続けに採用するのは珍しい気がするので、それだけ好奇心をそそられたということなんでしょうね。

この将棋は急に激しくなったり、ならなかったりの落差が激しいので、指しこなすのが難しそうで、トッププロ向けの印象が強いです。
裏を返せば、名人戦をはじめ大舞台で多く登場するのも、分かる気がします。
ちょっと難しいですが、定跡の進化を見るような気持ちで観戦すると、楽しめると思います。

夏休み

先日の対局以降、これといった予定がほとんどなく、まさに夏休みモードです。

昨日は流行に乗って(?)VR体験に出かけてきました。
土曜日だけあって、すごい混雑でした。
ちょっと怖かったですが(^^;;;でも楽しかったです。

たぶん自分は不器用で思うように動けないだろうなと思ったら、それも案の定でした。
どこかで聞いたことがあるんですが、スポーツ選手になれる才能というのはまず第一に、自分の思った通りに自分の体が動かせること、なのだとか。
ようするにそれこそが運動神経なんですかね。
僕は子どもの頃の親の勧めもあって、運転免許は絶対に取らないと決めているのですが、いままでそうしてきて本当に良かったと思いました。

VRとかARとか、今後はどういう方向に進化していくんですかね。
もっととんでもない体験ができるようになるのか、それとも全然違う方向に進むのか。
何はともあれ、長生きしていろんな進化を見てみたいものです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「AIと将棋」の関連でいろんな物事が語られるようになってはや数年、最近は人工知能のほうだけでなく「将棋」単独でも大流行の世の中になり、今後もこの話題は注目を集め続けるでしょう。
AIが仕事を奪う、とか人間が不要になる、とかいろんな心配をする人がいますが、個人的には何の心配もしていません。
それよりも、今後どんなことを実現してくれるのか、とかそれをどんなやり方で実現してくれるのか、のほうにずっと興味が強いので。

たとえば、将棋ソフトは人間より強くなってしまいましたが、その思考のメカニズムというのはほとんど人間には理解できていませんし、加えてそれを解明する方向には進んでいません。
「黒魔術」とか「ブラックボックス」とか表現されていて、そうせざるを得ないのが実情です。
個人的には、開発者の方々にはもっと突き詰めて考えてほしいなあと思ってしまうのですが、あんまり需要がないのと、あまりにも分からなすぎるってことなんでしょうね。

ではそういう原理が何も分からない状態のままで、人間社会はそのAIを行動な知能、最先端の技術として受け入れられるかどうか?
その許容性が、今後どんどん試されるようになります。

法整備や心の準備が、追いつくのかどうか。
そんな課題は過去になかったことなので、どうなるのかはまったく分かりません。
分からないということは、とても楽しみなことでもあります。
とても楽しみなので、自分の人生の目標が、長生きしていろんな進化を見ること、になってきた昨今です。

書き出したら止まらなくなって、まとまりもなくなりましたが今日はこのあたりで。