定跡と前例

とりあえず普通には生活できるようになったので(まだ散らかってますが)今日は図面貼ってみます。

一昨日の棋聖戦第1局、ちょっと意外な戦型という声もあったようですが、こうやって古い定跡形が再登場することも最近ではよくあることという気がします。
古い形になると羽生先生に一日の長がある、とかは、勢いのある若手なら特に考えないのでしょう。
実際、過去の研究や実戦例が、いまの目で見て正しいかは分からないわけですし。

50手目の棋譜コメントに、あれ?これどこかで見た局面・・と思って調べたら、珍しく自分の記憶のほうが正確でホッとしました。
前例は後手2勝、とありますが先手2勝が正しいです。
(全棋譜はこちら

なぜ覚えているかというと、最近のほうの前例が自分自身の対局だったので。
(昨年2月王将戦、対△高見五段戦)
その将棋は50手目△7五歩に対し、▲3五歩△7六歩▲同金△8六歩▲同銀△7四銀▲2四歩△同角▲6四歩△6五銀▲7七歩・・と進行。

もう1局の前例は2013年の王位戦、▲森内ー△藤森戦で、この将棋は藤森君の著書で自戦記を読んでいたので、対局のときにもある程度覚えていたように記憶しています。
(↑良書なのでオススメします。彼は見出しの付け方が楽しく、とても面白く読めました。)

その将棋は50手目から▲3五歩△7六歩▲同金△7五歩▲6六金△7四銀▲3四歩△8六歩▲同銀△6五銀▲5七角・・という進行。

最後の▲5七角が名手で、名人の懐の深さが印象的な一局です。
この将棋を踏まえて、△7五歩▲6六金を省略したのが高見五段の工夫でした。

一昨日の棋聖戦の将棋は、51手目に▲2四歩と前例から変化。

高見五段との将棋は熱戦の末勝つことができたものの、上の図では先手が苦しいと感じていたので、斎藤七段の工夫はなるほどでした。
一例を示すのが簡単ではないのですが、プロの感覚としてこのタイミングだとたしかに△2四同角とは取りにくいです。
前例はたぶん知っていたのだと思いますが、まだはっきり定跡化されたと言えるほどの将棋とは言えないので、さすがというしかないですね。

その後の進行における共通点として、△6五銀の金取りに▲7七歩の辛抱、という手順が実戦に現れたことが挙げられます。
部分的な定跡ということになるかと思います。
▲6五同金△同桂と、▲7七歩△7六銀▲同歩△6五桂、という手順を比べると、7六に先手の歩が残るかどうかの差で、この差がとても大きいのです。

本局はこの後詰む、詰まないの超難解な終盤戦になり、ものすごく見ごたえがありましたが、定跡の探求という意味ではこの▲7七歩の局面がどうか、というのが非常に重要なポイントになると思います。
はっきりしたことは分かりませんが、2局を比較した印象だけで言えば、本局のワカレならば先手を持ってみたいかなという気がします。

以上はあくまで僕の見解に過ぎないので、両対局者の見解等は、産経新聞や将棋世界の観戦記を待ちたいと思います。

棋聖戦とか

今週は水曜日に女流王位戦(福岡県・飯塚市)、木曜日に棋聖戦(淡路島・洲本市)と、2日続けて西日本でタイトル戦が指されました。
女流王位戦は里見さんが勝ち、防衛に王手。
棋聖戦は羽生棋聖の先勝という結果でした。

伊藤挑戦者はちょっとつんのめったような形、斎藤挑戦者は競り合いの末惜敗、という形で展開は全く違ったものの、どちらも王者の懐の深さ、壁の高さを感じました。
次局も熱戦を期待したいですね。

棋聖戦第1局については、明日改めて書いてみたいと思っています。

金曜日は首都大学の授業。
ということで午後からは南大沢に出かけてきます。
今日で僕の担当回は終わりで、後半は中村太地六段にバトンタッチの予定。

 

 

書道

今日は将棋連盟の書道部なんですが、先日の叡王戦の抽選会に、先生が登場されたとか。
まだTSが観れていないので、どんな様子だったかは後日のお楽しみです。
ちなみに相手が誰になったかも知りません(汗

それはさておき、書道はもうすこし練習してうまくなりたいものです。

引っ越しは無事終わりました。
ただ、まだ悠然とブログやってるような部屋の状況ではないので、とりあえず元気にやってますよーという意味で簡単に更新して今日は終わりにします。

引っ越し

これから、人生でちょうど10回目となる引っ越しです。
2000年に東京に出てきてから、今回で7か所め、7区め。

生涯を通じて23区すべてに住むという、およそ現実的でも生産的でもないプロジェクトも、地味に進行中です。
いまのペースならある程度長生きすれば十分可能なのですが、実際にはまあ、半分行くかどうかでしょうかね。

この2か月間は一日も休まずにブログを更新できたので、明日もできれば書きたいと思っていますが、さすがに難しいかもしれません。
将棋に関する投稿も、なるべく早めに再開したいと思っています。

この数か月は、のんびり過ごしつつも、棋士としての生活リズムを取り戻すためにゆる~く努力してきました。
総会が終わり、引っ越しの片づけが終われば、もう自分に対する言い訳はできなくなるので、その先はいよいよエンジン全開でいきたいと思っています。

総会

昨日は公益社団法人・日本将棋連盟の定時総会。
役員解任という事態を受けて、すこしでも空白期間を短くするために、例年より10日ほど前倒しで開催されました。
決算書類の準備等、事務局はさぞ大変だったことと思います。
この数か月の様子は、正直なところあまり知りませんので、無事に送られてきたのを見たときは、ホッとしました。

新役員が正式に決まりましたので、自分にとってもこれで一段落です。
日本将棋連盟新役員のお知らせ

円陣は珍しいですね、と書こうとしたら「エンジン」と変換されました。
新役員の皆様には、さっそくエンジン全開でと期待しています。

これからは一棋士・一会員の立場で(とわざわざ書くまでもなく当たり前のことですが)将棋界のために尽力していきたいと思います。
これまで何度も書いてきましたが棋士はプロとしてそして将棋連盟の一員として高い意識を持つことが何より大切で(もちろん高い技術も大切)、全員が棋士の本分に則って対局と普及に務めれば、より良い世界になるものと自分自身は考えています。

 

帰り道、会場を出たところで長年の仕事仲間であるファニー君にバッタリ。
(150人ぐらい集うので、誰がどこにいるかはよくわからない)
実は、自分も電王戦の棋譜を棋士が振り返るのは面白いかなと思っていたので、「楽しみにしてるよ」と声をかけてきました。

僕が現場で対局を見たのは、担当理事だった2年間10局のうち、豊島ーYSS戦を除く9局と、船江ーツツカナ戦の計10局だったかと思います。
青春はちょっと大げさじゃないの、だいたいそんな歳じゃないでしょと思ったけどそれは言わないでおきました。
まあでも1局1局にいろいろと記憶に残る指し手・結果や出来事や背景があって、気持ちはわかります。

将棋に対する切り口というのは数多くあると思いますが、その中で「▲〇〇〇」という指し手は悪手で「▲〇〇〇」が正しかった、というだけのことなら、コンピュータに聞けばいいという日がもうすぐそこまで来ています。
(これは勝ち負けや強弱とはまた別の話なので、いまはまだそうではないと僕は思っている)
(ついでにもう一つ書くと、そもそもそれだけでは解説や記事としては物足りない)

大事なのはその先、あるいはその手前の背景で、それをいかに読者・視聴者に分かってもらうか。
あるいは、楽しんでもらうか。
そのための努力が、棋士により求められているように思います。

ということで、冒頭の話にもつながりますが、棋士の本分を大切にして、これからも対局・普及に全力で務めます。